著書論文等- 井龍 康文 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:224件
[1992]
201.[] Water circulation and carbon flux on Shiraho coral reef of the Ryukyu Islands, Japan.[Continental Shelf Research,12,(1992),939-949]Nakamori Toru, Suzuki Atsushi, Iryu Yasufumi
202.[] 琉球層群における層序区分単位.[堆積学研究会報,(36),(1992),57-66]井龍康文, 中森 亨, 山田 努
[1991]
203.[] 琉球列島石垣島のサンゴ礁生態系における有機炭素および無機炭素の生産.[月刊海洋,23,(1991),759-770]井龍康文, 中森 亨, 鈴木 淳
204.[] 静岡県掛川地域の中新統女神層に含まれる異地性石灰岩体の起源.[地質学雑誌,97,(1991),987-1000]中森 亨, 井龍康文, 笹沢教一, 森 啓
205.[] Model for a self-repairing system of non-articulated coralline algae..[BioSystems,26,(1991),99-115]Nakamura, T., Gunji, Y.-P. and Iryu, Y.
206.[] 徳之島および沖永良部島の琉球層群に記録された更新世海面変動 予察..[中川久夫退官記念論文集,(1991),73-83]井龍康文・山田 努
207.[] 石垣島周辺海域の海藻・海草について.目崎茂和編,石垣島のサンゴ礁環境.[世界自然保護基金日本委員会,(1991),73-86]井龍康文
208.[] 石垣島,カラ岳東方のサンゴ礁に生息する海藻および海草について.目崎茂和編,石垣島のサンゴ礁環境.[世界自然保護基金日本委員会,(1991),159-171]井龍康文
209.[] ダイバーのための海洋雑学 43サンゴ礁の一生.[サンエイテイ ダイバー,(119), (1991), 63]井龍康文
210.[] ダイバーのための海洋雑学 42円石藻.[サンエイテイ ダイバー,(118), (1991), 49]井龍康文
211.[] ダイバーのための海洋雑学 39共生藻.[サンエイテイ ダイバー,(115), (1991), 43]井龍康文
[1990]
212.[] 与那国島の琉球層群にみられるHalimeda石灰岩の堆積環境.[化石(日本古生物学会),49,(1990),13-22]井龍康文, 鈴木 淳
213.[] ダイバーのための海洋雑学 36藍藻.[サンエイテイ ダイバー,(112), (1990), 89]井龍康文
214.[] サンゴ礁地域研究グループ編,日本のサンゴ礁地域1 熱い自然サンゴ礁の環境誌.[(1990)]中森 亨,井龍康文
215.[] ダイバーのための海洋雑学 35無節サンゴモ.[サンエイテイ ダイバー,(111), (1990), 67]井龍康文
216.[] ダイバーのための海洋雑学 33流れ藻.[サンエイテイ ダイバー,(109), (1990), 59]井龍康文
217.[] ダイバーのための海洋雑学 28オニヒトデ.[サンエイテイ ダイバー,(103), (1990), 57]井龍康文
[1988]
218.[] Depth distribution abundance and species assemblages of nonarticulated coralline algae in the Ryukyu Islands, southwestern Japan.[Proceedings of the 6th International Coral Reef Symposium,3,(1988),101-106]Iryu Yasufumi, Matsuda Shinya
[1987]
219.[] 琉球列島のサンゴ礁における無節サンゴモの分布.[月刊海洋科学,19,(1987),524-529]井龍康文, 松田伸也
[1985]
220.[] 石灰藻生成域の地形・堆積物調査.[琉球弧南端海域の海洋環境に関する総合研究速報,(2),(1985),117-121]井龍康文・早坂祥三
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University