研究紹介- 羽生 貴弘 -


次世代VLSIコンピューティングパラダイム

現在のVLSIコンピューティングでは、トランジスタなど能動素子自体のスイッチング遅延より、配線遅延が支配的であり、配線に起因するメモリと演算器間のデータ転送ボトルネックがシステム性能を向上させる上で深刻な問題となっている。このような問題を解決した次世代VLSIコンピューティングを実現するために、アプリケーションオリエンティドなシステムアーキテクチャ・ハードウェアアルゴリズムを考案すると共に、転送ボトルネックを解消する新しい回路アーキテクチャを考案することが重要である。
 本研究室では、次世代VLSIコンピューティングを目指し、従来の延長上にはない新しいパラダイムに基づくハードウェアアーキテクチャの研究を行っている。具体的には、次世代VLSIコンピューティングにおける配線問題を解決する新しい多値電流モード集積回路技術、記憶機能を演算回路に分散化させて膨大なメモリバンド幅を実現するロジックインメモリVLSIアーキテクチャ、次世代アーキテクチャの統合に基づく情報通信用スーパーチップの開発、単電子トランジスタや量子効果トランジスタ、単一磁束量子(SFQ)などの超微細化構造に適合する新機能・多機能デバイスを活用したデバイスモデルに基づく次世代コンピューティングアーキテクチャなど、マルチメディア応用高性能VLSIプロセッサの実現に関する研究を行っている。
URLhttp://www.ngc.riec.tohoku.ac.jp/
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University