研究紹介- 菅野 均志 -



オンデマンド施肥 -化学肥料の有効利用のために-
化学肥料の有効利用,すなわち作物生産性を高めるために肥料を最小限使用することは,持続的な作物生産を可能にするばかりでなく,施肥農業に伴う様々な環境への負荷を小さくします。図に示したように土に施与された化学肥料は作物に利用されるまでの間,あるものはガスとして大気中に飛び出し,あるものは降雨により地下水中に流出し,またあるものは土の中で利用されにくい形に変化するため,最終的に作物が利用できる成分の多くが失われてしまいます。わたしたちは化学肥料の有効利用のためのオンデマンド施肥というコンセプトを提案しました。オンデマンド施肥とは肥料成分を作物の要求する「時期」に必要「量」を吸収しやすい「位置」に与えることによって利用効率を最大にしようとする考え方です。具体的には「肥効調節型肥料」(一般的には被覆肥料と呼ばれています)を「接触施肥」という方法で根のすぐ近くに施与することによりオンデマンド施肥の考え方を高度に実現することができました。これまでチッソとリンサンに関してオンデマンド施肥の効果が圃場試験で確認されています。
写真
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University