総説・解説記事- 戸子台 和哲 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:104件
[2017]
21.小児肝移植後長期経過中におけるカルシニューリン阻害薬血中濃度がドナー特異的抗HLA抗体出現に与える影響.[日本消化器外科学会総会,72回, (2017), PN14-5]戸子台 和哲, 清水 健司, 宮澤 恒持, 中西 渉, 原 康之, 中西 史, 宮城 重人, 中野 徹, 亀井 尚, 里見 進
22.高度進行肝細胞癌に対する治療戦略 BCLC intermediate/advanced stage肝癌に対する外科的治療の検討.[日本消化器外科学会総会,72回, (2017), O3-109]原 康之, 清水 健司, 宮澤 恒持, 中西 渉, 戸子台 和哲, 中西 史, 宮城 重人, 亀井 尚
23.成人生体肝移植後晩期合併症である生活習慣病と栄養療法の必要性.[日本肥満症治療学会学術集会プログラム・抄録集,35回, (2017), 112]原 康之, 清水 健司, 宮澤 恒持, 中西 渉, 戸子台 和哲, 中西 史, 宮城 重人, 海野 倫明, 亀井 尚
24.肝門部胆管癌手術のコツとピットフォール 肝門部胆管癌動脈合併切除症例における動脈再建のコツとピットフォール ジャンプグラフトを含めた安全な再建法の工夫.[日本外科学会定期学術集会抄録集,117回, (2017), SY-10]宮城 重人, 宮澤 恒持, 清水 健司, 中西 渉, 中川 圭, 林 洋毅, 原 康之, 戸子台 和哲, 中西 史, 海野 倫明, 大内 憲明
25.災害医療における外科医の役割 東日本大震災における大学病院外科医局の役割.[日本外科学会定期学術集会抄録集,117回, (2017), PD-16]原 康之, 中西 渉, 戸子台 和哲, 中西 史, 宮城 重人, 後藤 均, 亀井 尚, 大内 憲明
26.複数の解剖学的破格をもつ胆道閉鎖症術後肝不全に対し動脈・静脈グラフトを用いて生体肝移植を施行した1例.[日本外科学会定期学術集会抄録集,117回, (2017), RS-11]吉田 佑実, 戸子台 和哲, 清水 健司, 吉田 悟, 米田 海, 原 康之, 中西 史, 宮城 重人, 川岸 直樹, 大内 憲明, 里見 進
27.Post-transplant lymphoproliferative disorderによる急性腹症の1例.[日本腹部救急医学会雑誌,37(2), (2017), 346]柿崎 裕太, 原 康之, 清水 健司, 宮澤 恒持, 吉田 諭, 米田 海, 中西 渉, 戸子台 和哲, 中西 史, 宮城 重人, 川岸 直樹, 大内 憲明
28.肝細胞癌手術症例における栄養管理の取り組み.[日本静脈経腸栄養学会雑誌,32(Suppl.), (2017), 406]原 康之, 米田 海, 戸子台 和哲, 中西 史, 宮城 重人, 川岸 直樹
[2016]
29.生体肝移植後腎機能の検討.[移植,51(総会臨時), (2016), 238]中西 史, 川岸 直樹, 宮城 重人, 戸子台 和哲, 原 康之, 大内 憲明, 里見 進
30.動脈再建困難例に対する肝移植の工夫.[移植,51(総会臨時), (2016), 258]宮城 重人, 清水 健司, 宮澤 恒持, 吉田 諭, 米田 海, 中西 渉, 原 康之, 戸子台 和哲, 中西 史, 川岸 直樹, 大内 憲明
31.小児肝移植後長期経過中における抗HLA抗体スクリーニングの意義に関する検討.[移植,51(総会臨時), (2016), 257]戸子台 和哲, 川岸 直樹, 清水 健司, 吉田 悟, 宮澤 恒持, 米田 海, 原 康之, 中西 史, 宮城 重人, 大内 憲明, 里見 進
32.当院における腹水洗浄細胞診陽性胃癌切除症例の予後に関する検討.[日本消化器外科学会総会,71回, (2016), P1-23]堀井 晋一良, 高屋 快, 本間 理, 高橋 宏和, 新妻 展近, 戸子台 和哲, 水落 宏太, 白幡 康弘, 橋爪 英二, 菅原 浩
33.75歳以上後期高齢者食道切除症例の検討 前期高齢者との比較.[日本消化器外科学会総会,71回, (2016), P3-79]高屋 快, 安次富 裕哉, 本間 理, 堀井 晋一良, 新妻 展近, 戸子台 和哲, 萩原 資久, 亀井 尚, 菅原 浩
34.当科における切除不能進行胃癌に対する胃空腸バイパス手術の検討.[日本消化器外科学会総会,71回, (2016), P2-11]本間 理, 高屋 快, 安次富 裕哉, 堀井 晋一良, 高橋 宏和, 新妻 展近, 戸子台 和哲, 水落 宏太, 白幡 康弘, 橋爪 英二
35.生体肝移植における静脈再建の工夫と小児におけるReno-Portal吻合.[日本肝胆膵外科学会・学術集会プログラム・抄録集,28回, (2016), 450]中西 史, 宮城 重人, 戸子台 和哲, 原 康之, 川岸 直樹
36.Stage II大腸癌根治術後の再発予測マーカーとしての病理学的脈管侵襲および浸潤増殖様式の意義.[日本外科学会定期学術集会抄録集,116回, (2016), PS-055]戸子台 和哲, 太田 依璃子, 渡辺 勇, 本間 理, 堀井 晋一良, 新妻 展近, 水落 宏太, 白幡 康弘, 菅原 浩, 原 康之, 中西 史, 宮城 重人, 川岸 直樹, 大内 憲明, 里見 進
37.切除標本にて病理学的に良性と診断された甲状腺濾胞腺腫術後、10年目にて胸骨転移を生じ、切除にて根治を得た甲状腺濾胞癌の1例.[日本外科学会定期学術集会抄録集,116回, (2016), RS-3]太田 依璃子, 白幡 康弘, 渡辺 勇, 本間 理, 堀井 晋一郎, 新妻 展近, 戸子台 和哲, 水落 宏太, 菅原 浩, 渡辺 光, 金内 直樹
38.小児外科領域における手術の革新 コツと技 小児生体肝移植術において確実な再建を行うための工夫.[日本外科学会定期学術集会抄録集,116回, (2016), WS-22]吉田 諭, 中西 史, 宮城 重人, 戸子台 和哲, 原 康之, 川岸 直樹, 大内 憲明, 里見 進
39.成人生体肝移植術後1週間の経過が移植後短期および長期成績に及ぼす影響.[日本外科学会定期学術集会抄録集,116回, (2016), PS-097]福岡 健吾, 中西 史, 宮城 重人, 戸子台 和哲, 原 康之, 川岸 直樹, 大内 憲明, 里見 進
40.成人期に至った先天性疾患治療の現状と課題 当科における小児肝移植後キャリーオーバー症例の問題点.[日本外科学会定期学術集会抄録集,116回, (2016), SY-12]原 康之, 川岸 直樹, 宮澤 恒持, 米田 海, 藤尾 淳, 柏舘 俊明, 戸子台 和哲, 中西 史, 宮城 重人, 大内 憲明, 里見 進
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University