研究紹介- 井樋 慶一 -



視床下部コルチコトロピン放出因子(CRF)は視床下部-下垂体-副腎系を制御し、ストレスからの生体防御において中心的な役割を演ずる。我々はCRFニューロンの機能を明らかにするために、遺伝子ターゲティングの技術を用いCRFニューロン蛍光可視化マウスやCRFニューロン選択的遺伝子ノックアウト,遺伝子発現などを行なえるマウスを開発した。これらのマウスは脳内ストレス防御系の解明に極めて有用であり、うつ病、不安障害の他、ストレスと関連性の深い内科的疾患(気管支喘息、間接リウマチ、消化性潰瘍など)の治療法、予防法の開発に寄与することが期待される。
URLhttp://www.bio.is.tohoku.ac.jp



我々はノルアドレナリン作動性ニューロンにおいてヒトインターロイキン2受容体-alpha(Tac)を発現させたトランスジェニックマウスの青斑核に抗Tac-緑膿菌体外毒素複合タンパク質(イムノトキシン)を注入し青斑核ノルアドレナリン作動性神経核を選択的に破壊する手法を開発した。このモデルマウスを用いノルアドレナリン作動性神経系の機能解明をおこなっている。
URLhttp://www.bio.is.tohoku.ac.jp



脳は多種のニューロンやグリアが複雑に接合した構造をしていることから、特定の機能に関与する一群の細胞を選別し、これらを性格づけることは容易でない。我々は、緑色蛍光タンパクで標識したカテコールアミン作動性ニューロンをセルソーターを用いて高精度に分別収集し、これを用いて発現遺伝子転写産物を網羅的に検討する系を開発した。ここで同定された新たな分子群の機能解析を行なっている。
URLhttp://www.bio.is.tohoku.ac.jp
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University