著書論文等- 野村 啓介 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:20件
[2015]
1.[] フランス第二帝制下のボルドー商業界とワインづくり―1850年代ボルドー商業会議所における砂糖関税論議と手がかりとして―.[『ヨーロッパ研究』(東北大学大学院国際文化研究科ヨーロッパ文化論講座),(10),(2015),155-202]野村啓介
[2014]
2.[] フランス第二帝制下の農業諮問会議所と地域権力―ジロンド県の事例―.[『ヨーロッパ研究』(東北大学大学院国際文化研究科ヨーロッパ文化論講座),(9),(2014),109-138]野村啓介
[2013]
3.[] 1855年のパリ万国博覧会準備におけるジロンド県産ワイン出品―その決定プロセスにみる県万博委員会委員長A.Gautierの役割―.[『国際文化研究科論集』(東北大学大学院国際文化研究科),(20),(2013),59-72]野村啓介
[2012]
4.[] 1855年のパリ万国博覧会準備にみるジロンド県万博委員会とワイン出品問題.[『国際文化研究科論集』(東北大学大学院国際文化研究科),(19),(2012),91-102]野村啓介
[2010]
5.[] 近代フランス地域権力史研究における統計的手法の可能性に関する予備的・批判的考察 ― ルメルシエ,ザルク著『歴史家のための数量的手法』 によせて―.[『ヨーロッパ研究』(東北大学大学院国際文化研究科ヨーロッパ文化論講座),(8),(2010),1-41]野村啓介
[2008]
6.[] フランス第二帝制下におけるボルドーワイン業と地域権力〔I〕―1860年の英仏通商条約をめぐる論議―.[『ヨーロッパ研究』(東北大学大学院国際文化研究科ヨーロッパ文化論講座),(7),(2008),1-38]野村啓介
[2007]
7.[] ナポレオン3世下フランスの極東進出と幕末日本~ボルドーワイン史研究の新たな展開にむけての覚書~.[ヨーロッパ研究,(6),(2007),121-165]野村啓介
[2005]
8.[] 「1855年格付」制定にみる「ボルドーワイン」ブランド創出の試み:地域権力としてのボルドー商業会議所.[ヨーロッパ研究,(5),(2005),107-134]野村啓介
9.[] ボルドー商業会議所の制度と人に関する基礎的分析(1802~1908年):近代フランスにおける地域権力の持続と変容をめぐって.[西洋史研究,(34),(2005),44-76]野村啓介
10.[] 2004年の歴史学界:回顧と展望(近代・フランス).[『史学雑誌』(史学会),114(5), (2005), 348-354]野村啓介
[2004]
11.[] 19世紀フランスの商業会議所制度:ある地域権力の歴史的性格の変遷.[国際文化研究科論集,(12),(2004),1-12]野村啓介
12.[] 「ボルドー商業委員会」設立(1860年1月)をめぐる対抗関係:ボルドー都市指導層の構造的変容に関する予備的考察.[ヨーロッパ研究,(4),(2004),115-152]野村啓介
[2003]
13.[] 第二帝制下ボルドーの都市指導層 (3).[『人文学科論集』(鹿児島大学法文学部),(57),(2003),187-203]野村啓介
[2002]
14.[] フランス第二帝制史研究の最前線.[『西洋史学論集』(九州西洋史学会),(40),(2002),87-98]野村啓介
15.[] 第二帝制下ボルドーの都市指導層(2).[『人文学科論集』(鹿児島大学法文学部),(56),(2002),91-103]野村啓介
16.[] 第二帝制下ボルドーの都市指導層(1).[『人文学科論集』(鹿児島大学法文学部),(55),(2002),159-176]野村啓介
17.[] フランス第二帝制の構造.[(2002)]野村啓介
[2000]
18.[] フランス第二帝制下における国際商業都市ボルドーの自由貿易主義:1860年前半期の運動について.[『西洋史学論集』(九州西洋史学会),(38),(2000),19-38]野村啓介
[1997]
19.[] フランス第二帝制下の体制転換に関する研究史.[『西洋史学論集』(九州西洋史学会),(35),(1997),87-101]野村啓介
[1996]
20.[] ルイ=ナポレオンの帝制的〈秩序〉構想:七月王制期における諸著作の包括的分析.[『史学雑誌』(史学会),105(4),(1996),41-58]野村啓介
Page: [1]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University