論文- 長岡 龍作 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:51件
[2018]
1.奈良時代東大寺における「天」の意義と造形.[『東大寺の新研究 第三巻 東大寺の思想と文化』,(2018),185-225]長岡 龍作
[2017]
2.空海の思想と草創期高野山の伽藍と仏像.[『空海と高野山の至宝』展カタログ,(2017),24-32]長岡 龍作
[2016]
3.山寺と仏像.[日本の古代山寺,(2016),289-320]長岡 龍作
4.平等院鳳凰堂の阿闍世王説話―頼通時代の阿弥陀信仰の基層.[知の挑発 平安後期 頼通文化世界を考える―成熟の行方,(2016),95-125]長岡 龍作
5.仁寿舎利塔の石函と感応.[科学研究費補助金基盤研究(A)研究成果報告書「仁寿舎利塔の信仰と荘厳に関する総合的研究」,(2016),75-85]長岡 龍作
[2015]
6.「対敵」の精神と神仏の役割―古代日本の事例に着目して.[仏教文明と世俗秩序 国家・社会・聖地の形成,(2015),327-358]長岡龍作
7.大乗仏教と東アジアの他者表象.[日本学研究(檀国大学日本研究所),(44),(2015),7-25]長岡龍作
[2014]
8.蓮華蔵世界と正倉院の屏風.[仏教美術論集5 機能論―つくる・つかう・つたえる,(2014),200-223]長岡龍作
9.南奥羽の観音と風景.[講座東北の歴史 第五巻 信仰と芸能,(2014),75-105]長岡龍作
[2013]
10.行為と感応の場としての空間―表象の読み方を考える.[空間史学叢書1 痕跡と叙述,(2013),45-68]長岡龍作
11.日本の仏像と仏教思想.[アートライブラリー,(14),(2013),11-16]長岡龍作
12.隋仁寿舎利塔と青州勝福寺址.[中国中世仏教石刻の研究,(2013),154-181]長岡龍作
[2012]
13.蓮華蔵世界と観音.[ザ・グレイトブッダ・シンポジウム論集,(10),(2012),41-57]長岡龍作
14.高橋由一の思想と絵画.[論集・東洋日本美術史と現場―見つめる・守る・伝える,(2012),192-208]長岡龍作
15.救済の場と造形.[日本思想史講座1―古代,(2012),289-322]長岡龍作
16.行為と感応の場としての「空間」―表象の読み方を考える.[建築遺産 保存と再生の思考―災害・空間・歴史,(2012),263-284]長岡龍作
17.宮城の海浜風景―その宗教的意味について考える.[今を生きる―東日本大震災から明日へ! 復興と再生への提言― 1.人間として,(2012),33-44]長岡龍作
[2011]
18.金剛寺蔵 木造地蔵菩薩半跏像.[國華,(1393),(2011),46-47]長岡龍作
[2010]
19.霊験と観音像.[美術フォーラム21,(22),(2010)]長岡龍作
20.仏像から見る古代日本の仏教.[新アジア仏教史 第13巻 日本仏教の定着,(2010),331-363]長岡龍作
Page: [1] [2] [3] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University