研究紹介- 長岡 龍作 -


古代日本の仏教美術と社会

日本の7世紀から9世紀頃の仏教美術を対象に、表現や図様の意味を、願主の祈願や法会での役割などを踏まえて分析し、美術と社会の関わりを歴史的に考察する。
URLhttp://www.sal.tohoku.ac.jp/art/home.html
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University