研究紹介- 小林 光 -


暮らしを取り巻く“建築環境”を様々な切り口で研究

建築環境工学を専門とする。
建築環境工学という分野は、都市・建築学の中にあって、建築内外の温熱、空気、光、音等の環境や建築設備、エネルギー消費等を研究対象としている。従来、建築環境といえば、居住者の快適性や健康が関心の中心であったが、近年では地球温暖化問題を背景とした建築の省エネルギー化、低炭素化、長寿命化などが大きなテーマとなっている。快適性や利便性を損なうことなく、省エネルギーで、低炭素で、楽しい建築を構築するための技術を様々な切り口で研究している。

   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University