総説・解説記事- 貝沼 亮介 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:30件
[2016]
1.Fe基およびCo基超弾性合金におけるfcc(fct)マルテンサイトの相安定性.[一般社団法人日本鉄鋼協会 ふぇらむ,21(8), (2016), 446-451]貝沼亮介
[2015]
2.鉄合金のBCC/FCCマルテンサイト変態と超弾性.[公益社団法人日本金属学会 まてりあ,54(8), (2015), 398-404]大森俊洋,貝沼亮介
[2014]
3.高加工性Cu-Al-Mn形状記憶合金の結晶粒径制御と大断面部材での超弾性.[日本材料科学会・材料と科学と工学,51(1), (2014), 10-13]大森俊洋、貝沼亮介
[2012]
4.新しい鉄系および銅系超弾性合金の開発.[シーエムシー出版 機能材料,32(6), (2012), 3-9]大森俊洋,荒木慶一,須藤祐司,石田清仁,貝沼亮介
5.鉄系・銅系超弾性合金の最近の研究開発.[(株)アグネ技術センター 金属,82(6), (2012), 458-465]大森俊洋, 荒木慶一, 石田清仁, 貝沼亮介
[2011]
6.鉄系形状記憶合金の最近の展開.[(社)日本鉄鋼協会 ふぇらむ,16(9), (2011), 613-621]貝沼亮介, 大森俊洋, 田中優樹, 石田清仁
7.巨大超弾性を示す鉄系形状記憶合金の開発.[(社)日本金属学会 まてりあ(日本金属学会会報),50(8), (2011), 339-345]田中優樹, 大森俊洋, 檜室義幸, 須藤祐司, 貝沼亮介, 石田清仁
[2010]
8.アルミ合金と水で水素製造.[カロス出版 アルトピア,40(5), (2010)]高久佳和,大森俊洋,大沼郁雄,貝沼亮介,石田清仁
9.ハーフメタル型Co基ホイスラー合金の磁気特性と相安定性.[日本金属学会 まてりあ,49(10), (2010), 462-469]梅津理恵, 大久保亮成, 貝沼亮介, 石田清仁
[2008]
10.合金状態図の研究と新材料開発.[日本金属学会誌,72(8), (2008), 545-556]及川勝成, 大沼郁雄, 貝沼亮介, 石田清仁
11.Ductile Cu-Al-Mn based shape memory alloys: general properties and applications.[Materials Science and Technology,24(8), (2008)]Y. Sutou, T. Omori, R. Kainuma, K. Ishida
12.Metamagnetic shape memory effect in NiMn-based Heusler-type alloys.[J. Mater. Chem.,18, (2008), 1837-1842]Ryosuke Kainuma, Katsunari Oikawa, Wataru Ito, Yuji Sutou, Takeshi Kanomatac, Kiyohito Ishida
[2007]
13.メタ磁性相転移による新しい磁性形状記憶合金.[ケミカルエンジニヤリング,52, (2007), 32-36]貝沼亮介, 須藤祐司, 及川勝成, 石田清仁,
14.Co基γ’ 析出型超耐熱合金”.[まてりあ,46, (2007), 88-89]佐藤 順, 大森俊洋, 及川勝成, 大沼郁雄, 貝沼亮介, 石田清仁
15.NiMn基ホイスラー合金におけるメタ磁性形状記憶効果.[まぐね,2, (2007), 241-247]貝沼亮介,伊東 航,須藤祐司,及川勝成,石田清仁,鹿又 武
16.Ni基超耐熱合金を越えられるか―γ’相析出強化を利用した新型Co基超耐熱合金―.[Material Stage,7, (2007), 194-198]佐藤 順,大森俊洋,及川勝成,大沼郁雄,貝沼亮介,石田清仁
[2006]
17.磁場により大きな変位と応力が得られる新型磁性形状記憶材料―メタ磁性形状記憶合金―.[工業材料,54, (2006), 68-72]貝沼亮介, 及川勝成, 石田清仁, 須藤祐司
18.Ni-Mn-In系基合金のメタ磁性形状記憶効果.[金属,76, (2006), 395-401]貝沼亮介, 及川勝成, 石田清仁, 須藤祐司, 鹿又武
[2005]
19.状態図を利用した強磁性形状記憶合金の開発.[金属,75, (2005), 523-528]及川勝成, 田中優樹, 森戸春彦, 貝沼亮介, 大森俊洋, 須藤祐司 石田清仁
20.ホイスラー型アルミナイドの相安定性.[まてりあ,44, (2005), 635-641]貝沼亮介, 石田和宏, 小林恒誠, 大沼郁雄, 石田清仁
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University