研究紹介- 貝沼 亮介 -


状態図の構築と材料開発への応用

状態図(相図)とは、組合せた元素の濃度、圧力、温度において、最も安定な材料の状態を教えてくれるものであり、材料開発のための地図と呼ばれています。我々の研究室では、報告の無い状態図をまず実験により決定した後、その結果を熱力学的に解析することで元素間の化学的相互作用に関するデータベースを構築しています。新材料開発には、主に実験状態図や計算状態図の情報を積極的に利用しています。
最近手がけている材料としては、形状記憶材料、高温耐熱材料、磁性材料などがあり、幾つかの合金系で実用化の実績があります。
URLhttp://www.material.tohoku.ac.jp
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University