著書論文等- 柴山 明寛 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:111件
[2009]
61.[] 被害情報収集支援システムを用いた災害情報共有に関する研究.[日本地震工学会論文集,9(2),(2009),113-129]柴山明寛,久田嘉章,村上正浩,座間信作,遠藤 真,滝澤 修,野田五十樹,関沢 愛,末松孝司,大貝 彰
62.[] 災害時における中遠距離被害情報収集システムに関する研究.[日本建築学会技術報告集,(29),(2009),329-334]柴山明寛,久田嘉章,村上正浩,座間信作,杉井完治,滝澤 修
63.[] コミュニティ防災計画支援のための地域防災力評価手法とその仙台市への適用.[自然災害科学,27(4),(2009),387-399]佐藤健,塩田哲生,増田聡,村山良之,柴山明寛,源栄正人
64.[] 携帯電話を用いた災害時の情報収集システムの開発.[日本地震工学会論文集,9(2),(2009),102-112]鄭炳表,座間信作,滝澤修,遠藤真,柴山明寛
65.[] 様々な減災情報の共有と利活用を支援するWebGIS の開発.[日本地震工学会論文集,9(2),(2009),200-220]村上正浩,柴山明寛,久田嘉章,市居嗣之,座間信作,遠藤 真,大貝 彰.郷内吉瑞,関澤 愛,末松孝司,野田五十樹
66.[] 地域住民と自治体の協働による発災対応力の向上と効率的な被害情報収集・共有のための防災訓練.[日本地震工学会論文集,9(2),(2009),130-147]久田嘉章,村上正浩,座間信作,遠藤 真,柴山明寛,市居嗣之,関澤 愛,末松孝司,山田武志,野田五十樹,松井宏樹,久保智弘,大貝 彰,郷内吉瑞
[2008]
67.[] 2007年能登半島地震の建物悉皆調査データのデータベース化に関する研究.[空間情報科学研究センターシンポジウム,(2008)]柴山明寛,後藤正美,田守伸一郎,村田晶
68.[] アドホック通信技術を用いた被害情報収集に関する研究.[第6回日本地震工学会年次大会,(2008),294-295]柴山明寛,久田嘉章,座間信作,遠藤 真,村上正浩,滝澤修
69.[] IT Framework for Disaster Mitigation Information Sharing.[Journal of Disaster Research (JDR),3(6),(2008),467-478]Itsuki Noda, Hiroki Shimora, Hiroki Matsui, Hiroshi Yokota, Akihiro Shibayama, Yoshiaki Hisada, Masahiro Murakami, Takeshi Yamada, Shinsaku Zama, Yasushi Hada, Jun-ichi Meguro, Ken Okamoto
70.[] Pinpointing the place of origin of a cellular phone emergency call using active RFID tags.[Proc. of 22nd Int’l Conference on Advanced Information Networking and Applications (AINA2008), IEEE Computer Society,(2008),1123-1128]Osamu Takizawa, Masafumi Hosokawa, Ken’ichi Takanashi, Yasushi Hada, Akihiro Shibayama, Byeong-pyo Jeong,
71.[] A study on the support system for disaster information collection with information and communication technology.[14th World Conference on Earthquake Engineering,(2008)]Akihiro SHIBAYAMA, Yoshiaki HISADA, Masahiro MURAKAMI, Makoto ENDO, Shinsaku ZAMA, Osamu TAKIZAWA, Masafumi HOSOKAWA, Tsuguyuki ICHII
72.[] 仙台市における自主防災組織の地震災害対応力評価.[日本建築学会技術報告集,(28),(2008),661-666]塩田哲生,佐藤健,増田聡,村山良之,柴山明寛,源栄正人
73.[] 携帯電話を用いた災害情報システムの実証実験.[日本建築学会大会学術講演梗概集,B-2,(2008),783-784]鄭炳表,座間信作,柴山明寛,滝澤修
74.[] 2007年能登半島地震発生の半年後における建物調査.[日本建築学会大会学術講演梗概集,B-2,(2008),677-678]大窪建史,村西進也,柴山明寛,後藤正美
75.[] 建物被災調査における調査時間に関する研究.[日本建築学会大会学術講演梗概集,B-2,(2008),739-740]柴山明寛,後藤正美,村西進也
76.[] 人工知能学会誌 Vol. 23 No. 4.[人工知能学会,(2008)]羽田靖史, 滝澤修, 柴山明寛, 行田弘一, 鈴木剛, 川端邦明, 嘉悦早人 , 淺間一
77.[] 2007年能登半島地震発生の半年後における建物調査.[日本建築学会北陸支部大会,(2008)]大窪建史,村西進也,柴山明寛,後藤正美
78.[] 携帯電話を用いた災害時の情報収集システムの開発―その2、一般住民による実証実験―.[第22回地域安全学会研究発表会(春季),(2008),17-18]鄭炳表,座間信作,遠藤真,柴山明寛,滝澤修
79.[] Three-way pinpointing of emergency call from RFID-reader-equipped cellular phone.[Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Springer-Verlag,(2008)]Osamu Takizawa, Masafumi Hosokawa, Ken’ichi Takanashi, Yasushi Hada, Akihiro Shibayama, Byeong-pyo Jeong
[2007]
80.[] 災害時における中遠距離被災情報収集システムの開発と運用実験.[第5回日本地震工学会大会,(2007),350-351]柴山明寛,久田嘉章,村上正浩,杉井完治,座間信作,滝澤 修
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University