著書論文等- 柴山 明寛 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:111件
[2013]
1.[] 東日本大震災の対応組織が発行した災害対応記録の内容分析.[日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,(2013),15-16]永村美奈,佐藤翔輔,柴山明寛,今村文彦
2.[] 震災復興支援に関する震災記録の利活用について.[電気学会 電子・情報・システム部門,(2013),OS11-7-]柴山明寛,佐藤翔輔,今村文彦
3.[] 地域主導による被災証言記録誌の作成手法の設計と実装-仙台市七郷市民センターでの試み-.[日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,(2013),37-38]岩崎雅宏,佐藤翔輔,柴山明寛,今村文彦,阿部冨雄,丹野由美
4.[] 東日本大震災における震災アーカイブ検索システムの構築.[日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,(2013),35-36]柴山明寛,佐藤翔輔,今村文彦
5.[] 携帯情報端末を用いた被災建物調査支援システムに関する研究.[日本建築学会大会学術講演梗概集,(B-2),(2013),1175-1176]柴山明寛
6.[] 東日本大震災を分析する1.[明石書店,(2013)]柴山明寛
ISBN9784750338231
7.[] 東日本大震災を分析する2.[明石書店,(2013)]柴山明寛,佐藤翔輔,今村文彦
ISBN9784750338248
8.[] 新聞研究 5月号(No.742).[日本新聞協会,(2013)]柴山明寛
9.[] 月刊ニューメディア 2013年6月号.[ニューメディア,(2013)]柴山明寛
10.[] PROVISION 77号.[日本アイ・ビー・エム,(2013)]今村文彦,柴山明寛
11.[] 東日本大震災に関する記録・証言などの収集活動の現状と課題.[レコード・マネジメント : 記録管理学会誌,(64),(2013),49-66]永村美奈,佐藤翔輔,柴山明寛,今村文彦,岩崎 雅宏
[2012]
12.[] 宮城県大崎市と宮城県栗原市を対象としたアンケート調査に基づく東北地方太平洋沖地震と4月7日の余震(M7.2)の揺れの調査.[日本地震工学会論文集,12(5),(2012),133-142]坂本 拓也 , 磯部 亮太 , 源栄 正人 , 柴山 明寛
10.5610/jaee.12.5_133
13.[] 電子情報通信学会誌 Vol. 95 No. 10.[電子情報通信学会,(2012)]今村文彦,柴山明寛,佐藤翔輔
14.[] Development of Immediate Earthquake Intensity Information Aggregation System Using Various Sensors and IP Multicast.[15th World Conference on Earthquake Engineering,(2012),2011-]Akihiro Shibayama, Susumu Ohno, Tohru Okamoto
15.[] 東日本大震災に関する記録・証言などの収集活動の現状把握.[日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,(2012),144-145]永村美奈,佐藤翔輔,柴山明寛,今村文彦,岩崎雅宏
16.[] 宮城県沿岸15市町における東日本大震災の現地情報収集活動の試み-「みちのく.いまをつたえ隊」の活動-.[日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,(2012),121-122]岩崎雅宏,人見俊介,佐藤翔輔,柴山明寛,今村文彦
17.[] 東日本大震災の発生1年間に見るウェブ報道の内容分析-地域性と「復興」という文脈に着目して-.[日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,(2012),103-104]佐藤翔輔,今村文彦,柴山明寛,伊藤なほみ
18.[] Strong-motion characteristics in Sendai city during the 2011 Tohoku earthquakes, Japan.[15th World Conference on Earthquake Engineering,(2012),3631-]Susumu Ohno, Masato Motosaka, Akihiro Shibayama, Kazuya Mitsuji
19.[] 2011年東北地方太平洋沖地震における被災建物の悉皆調査.[日本建築学会大会学術講演梗概集,(B-2),(2012),29-30]柴山明寛
20.[] 東日本大震災アーカイブの収集から利活用までのモデル構築に関する研究.[日本自然災害学会年次学術講演会講演概要集,(2012),195-196]柴山明寛,佐藤翔輔,今村文彦
Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University