論文- 大河原 知樹 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:21件
[2018]
1.Searching for the origins of an Ottoman notable family: The Case of the ‘Azms.[Archivum Ottomanicum,34,(2018),39-47]大河原 知樹
[2017]
2.賃約の比較法学的研究におけるシャリーア.[大河原知樹・堀井聡江・シャリーアと近代研究会(編)『オスマン民法典(メジェッレ)の研究 賃約編』,(2017),65-70]大河原 知樹
[2015]
3.Reconsidering Ottoman Qadi Court Records : What Are They ? Who Produced, Issued, and Recorded Them ?.[Lire et écrire l’histoire ottomane,(2015),15-37]Tomoki Okawara
[2014]
4.Some Aspects of Angro-Ottoman Diplomacy in the Modern Era: Cases of British Protection of the Harari Family.[New Trends in Ottoman Studies (Papers presented at the 20th CIÉPO Symposium Rethymno, 27 June - 1 July 2012,(2014),617-630]Tomoki Okawara
[2013]
5.ヨーロピアン・グローバリゼーションとイスラーム世界 ― イギリス、オスマン帝国、ユダヤ人.[アジア遊学,165,(2013),175-188]大河原知樹
[2012]
6.オスマン帝国の税制近代化と資産税 19世紀前半のダマスカスの事例.[オスマン帝国の諸相,(2012),321-351]大河原知樹
7.ヨーロピアン・グローバリゼーションとオスマン帝国 ―イギリスとオスマン帝国の外交関係を中心に―.[ヨーロピアン・グローバリゼーションと諸文化圏の変容 研究プロジェクト報告書,5,(2012),313-328]大河原知樹
[2011]
8.オスマン民法典(メジェッレ)略史:起草から失効まで.[オスマン民法典(メジェッレ)研究序説,(2011)]大河原知樹
[2009]
9.オスマン帝国時代末期のダマスカスの世帯―イスタンブルとの比較分析―.[比較家族史学会(監修)、落合恵美子・小島宏・八木透(編)『歴史人口学と比較家族史』早稲田大学出版部 (シリーズ比較家族 第III期),(2009)]大河原知樹
[2008]
10.[研究ノート]「血の中傷」と「儀式殺人」の間で.[ヨーロピアン・グローバリゼーションと諸文化圏の変容 研究プロジェクト報告書,1,(2008),1-18]大河原知樹
[2007]
11.歴史人口学で見たシリアの都市社会 ―ダマスカスの結婚性向の計量分析―.[東洋史研究,65(4),(2007),41-71]大河原知樹
12.オスマン帝国憲法の成立とその特色.[粕谷元(編)『トルコにおける議会制の展開―オスマン帝国からトルコ共和国へ―』東洋文庫,(2007),21-66]大河原知樹
[2006]
13.The Importance of the Tax Farm Register for the Study of Damascus City.[NAGATA Yuzo, MIURA Toru and SHIMIZU Yasuhisa (eds.), Tax Farm Register of Damascus Province in the Seventeenth Century, Archival and Historical Studies, Tokyo, The Toyo Bunko,(2006),53-62]OKAWARA Tomoki
[2005]
14.The Urban Fabric of Damascus in the Middle of the Nineteenth Century: A Study of the Tax Register (Rusum Defteri) of 1852.[Imber, Colin and Keiko Kiyotaki (eds.), Frontiers of Ottoman Studies: State, Province, and the West, I. B. Tauris, London, New York.,1,(2005),167-185]Tomoki OKAWARA
15.イスラーム法廷と法廷史料.[林佳代子・桝屋友子[編]『記録と表象 史料が語るイスラーム世界』東京大学出版会.,(2005),143-170]大河原知樹
16.Household Forms and Composition, The Ottoman Empire.[Joseph, Suad (ed.), Encyclopedia of Women and Islamic Cultures, Brill Academic Publishers, Leiden, Boston.,2,(2005),254-255]Tomoki OKAWARA
[2003]
17.Size and Structure of Damascus Households in the Late Ottoman Period as Compared with Istanbul Households.[Doumani, Beshara (ed.), Family History in the Middle East, Household, Property, and Gender, State University of New York Press, Albany.,(2003),51-75]Tomoki OKAWARA
[2001]
18.教会建設・修復からみた、イスラーム社会の非ムスリム:1759年地震とサイドナーヤー修道院の修復問題を中心に.[小山皓一郎(研究代表)『イスラーム社会におけるムスリムと非ムスリムの政治対立と文化摩擦に関する比較研究』,小山皓一郎,2001/3,pp.151-164,(平成11-12年度科学研究費補助金基盤研究(B)(2)研究成果報告書),(2001),151-164]大河原知樹
[1997]
19.オスマン朝の改革とユダヤ教徒金融家-1822年シリア事件再考.[イスラム世界,48,(1997),1-18]大河原知樹
[1996]
20.オスマン朝におけるイェニチェリの廃止と軍制改革-ダマスカスの事例.[東洋学報,78(3),(1996),027-059]大河原知樹
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University