著書論文等- 大河原 知樹 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:55件
[2016]
1.[] オスマン民法典(メジェッレ)の研究 売買編.[NIHUプログラム「イスラーム地域研究」東洋文庫拠点東洋文庫研究部イスラーム研究資料室,(2016)]大河原知樹、堀井聡江、シャリーアと近代研究会
ISBN9784904039984
[2015]
2.[] イスラーム家族史.[弘文堂 現代家族ペディア, (2015), 23-24]大河原知樹
3.[] 近代社会とイスラーム法 ―モダニティーとの邂逅が生みだしたもの―.[東北大学大学院国際文化研究科 東北大学大学院国際文化研究科第22回公開講座「国際文化基礎講座」「知」の国際文化学Ⅱ -近代と宗教- 講義資料集, (2015), 21-39]大河原知樹
4.[] Reconsidering Ottoman Qadi Court Records : What Are They ? Who Produced, Issued, and Recorded Them ?.[Lire et écrire l’histoire ottomane,(2015),15-37]Tomoki Okawara
[2014]
5.[] イスラーム法の「変容」-近代との邂逅.[山川出版社,(2014)]大河原知樹、堀井聡江
ISBN9784634474772
6.[] Some Aspects of Angro-Ottoman Diplomacy in the Modern Era: Cases of British Protection of the Harari Family.[New Trends in Ottoman Studies (Papers presented at the 20th CIÉPO Symposium Rethymno, 27 June - 1 July 2012,(2014),617-630]Tomoki Okawara
[2013]
7.[] 『アラビア語入門』―「井筒言語学」の曙光.[慶應義塾大学出版会 井筒俊彦とイスラーム 回想と書評, (2013), 297-309]大河原知樹
8.[] オスマン帝国時代のシリア― 「暗黒時代」史観の修正―.[明石書店 シリア・レバノンを知るための64章, (2013), 94-99]大河原知樹
9.[] ムハンマド・クルド・アリー ―あるシリア・ナショナリストの肖像.[明石書店 シリア・レバノンを知るための64章, (2013), 106-108]大河原知樹
10.[] ユダヤ教 ―古の宗教社会の「黄昏」.[明石書店 シリア・レバノンを知るための64章, (2013), 165-170]大河原知樹
11.[] ヨーロピアン・グローバリゼーションとイスラーム世界 ― イギリス、オスマン帝国、ユダヤ人.[アジア遊学,165,(2013),175-188]大河原知樹
[2012]
12.[] オスマン帝国の税制近代化と資産税 19世紀前半のダマスカスの事例.[オスマン帝国の諸相,(2012),321-351]大河原知樹
13.[] ヨーロピアン・グローバリゼーションとオスマン帝国 ―イギリスとオスマン帝国の外交関係を中心に―.[ヨーロピアン・グローバリゼーションと諸文化圏の変容 研究プロジェクト報告書,5,(2012),313-328]大河原知樹
[2011]
14.[] オスマン民法典(メジェッレ)研究序説.[NIHUプログラム「イスラーム地域研究」東洋文庫拠点,(2011)]大河原知樹(堀井聡江、磯貝健一)
ISBN978-4-904039-28-1
15.[] オスマン民法典(メジェッレ)略史:起草から失効まで.[オスマン民法典(メジェッレ)研究序説,(2011)]大河原知樹
16.[] ヨーロピアン・グローバリゼーションとイスラーム文化圏ディアスポラ・コミュニティ ―ヨーロッパ,ギリシア,アルメニア,ユダヤ 趣旨説明.[ヨーロピアン・グローバリゼーションと諸文化圏の変容 研究プロジェクト報告書,4, (2011), 328-329]大河原知樹
[2010]
17.[] 第14章 現代国家の枠組み.[朝倉書店 後藤明、木村喜博、安田喜憲(編)『西アジア』立川武蔵、安田喜博(監修)朝倉世界地理講座-大地と人間の物語-第6巻, (2010)]大河原知樹
18.[] 近代文明の流入.[朝倉書店 後藤明、木村喜博、安田喜憲(編)『西アジア』立川武蔵、安田喜博(監修)朝倉世界地理講座-大地と人間の物語-第6巻, (2010)]大河原知樹
19.[] 18世紀以降のオスマン帝国の解体.[朝倉書店, (2010)]大河原知樹
20.[] 現代国家体制の成立.[朝倉書店, (2010)]大河原知樹
Page: [1] [2] [3] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University