論文- 岡田 真介 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:46件
[2018]
1.航空レーザ測量と地表踏査を併用した平成28年熊本地震の地表地震断層調査.[応用地質,59(3),(2018),134-143]阿部恒平, 三輪敦志, 飛田健二, 岡田真介, 船越和也, 高山陶子, 小野田 敏, 千葉達朗
2.仙南地域周辺の活断層.[宮城県医師会報,869,(2018),384-389]岡田真介
[2017]
3.反射法地震探査および重力探査から明らかになった仙台平野南部の伏在活断層.[地震 第2輯,70(0),(2017),109-124]岡田 真介, 今泉 俊文, 楮原 京子, 越後 智雄, 戸田 茂, 松原 由和, 三輪 敦志, 住田 達哉
4.Continuity of subsurface fault structure revealed by gravity anomaly: the eastern boundary fault zone of the Niigata plain, central Japan.[Earth Planets and Space,69,(2017),1-12]S. Wada, A. Sawada, H. Hiramatsu, N. Matsumoto, S. Okada, T. Tanaka, R. Honda,
10.1186/s40623-017-0602-x
[2016]
5.Slip-partitioned surface ruptures for the Mw 7.0 16 April 2016 Kumamoto, Japan, earthquake.[EARTH PLANETS AND SPACE,68,(2016)]Toda Shinji, Kaneda Heitaro, Okada Shinsuke, Ishimura Daisuke, Mildon Zoe K.
10.1186/s40623-016-0560-8
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000389488700003&DestApp=WOS
6.山形県村山市・東北中央自動車道の建設法面に出現した活構造.[応用地質,57(2),(2016),68-79]瀬﨑 章太郎, 今泉 俊文, 小坂 英輝, 楮原 京子, 阿部 恒平, 三輪 敦志, 池邉 紘美, 岡田 真介, 八木 浩司, 鈴木 毅彦
[2015]
7.Holocene paleoearthquake history on the Qingchuan fault in the northeastern segment of the Longmenshan Thrust Zone and its implications.[TECTONOPHYSICS,660,(2015),92-106]Sun Haoyue, He Honglin, Ikeda Yasutaka, Kano Ken'ichi, Shi Feng, Gao Wei, Echigo Tomoo, Okada Shinsuke
10.1016/j.tecto.2015.08.022
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000365364300007&DestApp=WOS
8.北部フォッサマグナの地殻構造と2014年11月22日長野県北部の地震.[活断層研究,43,(2015),83-94]岡田真介, 池田安隆,
9.The First Surface-Rupturing Earthquake in 20 Years on a HERP Active Fault is Not Characteristic: The 2014 M-W, 6.2 Nagano Event along the Northern Itoigawa-Shizuoka Tectonic Line.[SEISMOLOGICAL RESEARCH LETTERS,86(5),(2015),1287-1300]Okada Shinsuke, Ishimura Daisuke, Niwa Yuichi, Toda Shinji
10.1785/0220150052
http://gateway.isiknowledge.com/gateway/Gateway.cgi?&GWVersion=2&SrcAuth=TohokuUniv&SrcApp=TohokuUniv&DestLinkType=FullRecord&KeyUT=WOS:000361256500009&DestApp=WOS
10.糸魚川ー静岡構造線とその周辺地域の浅部地殻構造と鮮新世ー第四紀テクトニクス.[地球科学,69,(2015),9-29]池田安隆, 岡田真介
11.2014年11月22日長野県北部の地震(Mw 6.2)によって出現した神城断層沿いの地表地震断層の分布と性状 (小特集 2014年11月22日長野県北部の地震).[活断層研究 = Active fault research,(43),(2015),95-107]石村 大輔, 岡田 真介, 丹羽 雄一
12.2014年11月22日長野県北部の地震(Mw 6.2)に よって出現した神城断層沿いの地表地震断層の分布と性状.[活断層研究,2015(43),(2015),95-108]石村 大輔, 岡田 真介, 丹羽 雄一, 遠田 晋次
[2013]
13.石狩低地東縁断層帯における反射法地震探査–厚真測線およびむかわ測線–.[地質調査総合センター速報,62,(2013),63-72]岡田真介, 山口和雄, 横倉隆伸,
14.石狩低地東縁断層帯南部における重力探査.[地質調査総合センター速報,62,(2013),73-83]岡田真介, 住田達哉, 山口和雄, 横倉隆伸,
15.石狩低地東縁断層帯南部における反射法地震探査–苫小牧-むかわ測線西部における稠密発震データの解析–.[地質調査総合センター速報,62,(2013),47-61]横倉隆伸, 山口和雄, 岡田真介,
16.馬追丘陵周辺の反射法データ解析.[地質調査総合センター速報,62,(2013),37-46]山口和雄, 阿部 進, 横倉隆伸, 岡田真介,
[2012]
17.MDRS法による苫小牧86測線反射法地震探査データの再解析.[地質調査総合センター速報,59,(2012),75-87]山口和雄, 阿部進, 横倉隆伸, 岡田真介,
18.石狩低地東縁断層帯南部における反射法地震探査.[地質調査総合センター速報,59,(2012),59-74]横倉隆伸, 山口和雄, 岡田真介,
19.2011年東北地方太平洋沖地震による土浦市街地周辺の地盤変状と建物被害.[地質汚染-医療地質-社会地質学会誌,8(3/4),(2012),39-45]中村洋介, 岡田真介, 坂田健太郎, 納谷友規, 小松原純子, 長森英明, 田辺 晋, 中澤 努, 小松原 琢, 水野清秀,
20.Google Earthを用いたつくば市および土浦市周辺における2011年東北地方太平洋沖地震による瓦屋根被害の分布調査 (特集 2011年東北地方太平洋沖地震(第2部)).[地震,64(4),(2012),257-264]岡田 真介, 小松原 琢, 中澤 努
Page: [1] [2] [3] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University