論文- 坂巻 康司 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:15件
[2016]
1.マラルメと雑誌メディア―『ワーグナー評論』を中心に―.[Nord-est(日本フランス語フランス文学会東北支部会誌),9,(2016),8-13]坂巻康司
[2014]
2.UNE STRATEGIE POETIQUE : LE CAS DE SHUNTARO TANIKAWA.[MODERNITES,37,(2014),275-283]KOJI SAKAMAKI
3.近代日本におけるフランス象徴主義受容-上田敏(1874-1916)とその時代.[第21回公開講座『「知」の国際文化学―近世近代日本の学術と世界』講義資料集,(2014),81-134]坂巻康司
[2013]
4.明治・大正期日本文壇におけるマラルメ受容.[科研費研究『近代日本におけるフランス象徴主義受容に関する総合的研究』中間報告書,(1),(2013),50-75]坂巻康司
5.詩人が「古典」になるとき-マラルメの場合.[第5回金沢大学人文学類シンポジウムブックレット『「古典」は誰のものか-比較文学の視点から-』,(2013),19-42]坂巻康司
[2011]
6.マラルメにおける「時の流れ」と「現在」.[GALLIA(大阪大学フランス語フランス文学会会誌),(50),(2011),159-166]坂巻康司
[2008]
7.マラルメにおける「書くこと」と「読むこと」-その美学における二つの根源的行為-.[GALLIA(大阪大学フランス語フランス文学会会誌),(47),(2008),53-59]坂巻康司
[2007]
8.<<Notes sur le theatre >> de Mallarme ou l'avenement de la critique comme <<action>>.[ETUDES DE LANGUE ET LITTERATURE FRANCAISES,(91),(2007),79-94]KOJI SAKAMAKI
[2005]
9.La <<theatralite negative>> de Mallarme dans les annees 1860―Sur <<Le Faune intermede heroique>>―.[ETUDES DE LANGUE ET LITTERATURE FRANCAISES,(85-86),(2005),74-88]KOJI SAKAMAKI
10.マラルメの観たゾラの演劇―自然主義と象徴主義の狭間で―.[関西フランス語フランス文学,(11),(2005),27-38]坂巻康司
11.メーテルランクの初期戯曲におけるマラルメ的演劇観.[演劇研究センター紀要(早稲田大学21世紀COEプログラム),IV,(2005),97-103]坂巻康司
[2003]
12.ミメーシスからポイエーシスへ―ゴーチエからマラルメに到る舞踊批評の理念の変貌―.[大阪産業大学論集(人文科学編),(111),(2003),29-46]坂巻康司
[2001]
13.マラルメの演劇論の20世紀演劇への影響(1)-コポーの場合-.[関東支部論集(日本フランス語フランス文学会),(10),(2001),19-35]坂巻康司
[1998]
14.マラルメにおけるロマン主義の痕跡-『闇が宿命の掟から』について(2)-.[人文科学論集(学習院大学人文科学研究科),(7),(1998),153-172]坂巻康司
[1997]
15.マラルメの<夢の力学>-『闇が宿命の掟から』について(1)-.[人文科学論集(学習院大学人文科学研究科),(6),(1997),161-179]坂巻康司
Page: [1]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University