著書論文等- 坂巻 康司 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:31件
[2005]
21.[] La <<theatralite negative>> de Mallarme dans les annees 1860―Sur <<Le Faune intermede heroique>>―.[ETUDES DE LANGUE ET LITTERATURE FRANCAISES,(85-86),(2005),74-88]KOJI SAKAMAKI
22.[] マラルメの観たゾラの演劇―自然主義と象徴主義の狭間で―.[関西フランス語フランス文学,(11),(2005),27-38]坂巻康司
23.[] フランス演劇の現在(1).[大阪産業大学学会 大阪産業大学論集(人文科学編),(115), (2005), 41-53]坂巻康司
24.[] メーテルランクの初期戯曲におけるマラルメ的演劇観.[演劇研究センター紀要(早稲田大学21世紀COEプログラム),IV,(2005),97-103]坂巻康司
[2003]
25.[] ミメーシスからポイエーシスへ―ゴーチエからマラルメに到る舞踊批評の理念の変貌―.[大阪産業大学論集(人文科学編),(111),(2003),29-46]坂巻康司
[2002]
26.[] LA CRISE DE LA <<THEATRALITE>> DANS LES OEUVRES DE MALLARME.[MEMOIRE DU DIPLOME DES ETUDES APPROFONDIES(UNIVERSITE DE PARIS 8),(2002)]Koji Sakamaki
[2001]
27.[] マラルメの演劇論の20世紀演劇への影響(1)-コポーの場合-.[関東支部論集(日本フランス語フランス文学会),(10),(2001),19-35]坂巻康司
28.[] ク・ナウカの目指す地平.[晩成書房 『シアターアーツ』,(15), (2001), 143-]坂巻康司
[2000]
29.[] ボリス・ヴィアン『百のソネット』(訳と解説).[青土社 『ユリイカ』,32(3), (2000), 60-65]坂巻康司
[1998]
30.[] マラルメにおけるロマン主義の痕跡-『闇が宿命の掟から』について(2)-.[人文科学論集(学習院大学人文科学研究科),(7),(1998),153-172]坂巻康司
[1997]
31.[] マラルメの<夢の力学>-『闇が宿命の掟から』について(1)-.[人文科学論集(学習院大学人文科学研究科),(6),(1997),161-179]坂巻康司
Page: [prev] [1] [2]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University