総説・解説記事- 海野 倫明 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:125件
[2018]
1.膵手術と短期成績(Lateral pancreatico-jejunostomy).[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 382]石田 晶玄, 元井 冬彦, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 大沼 忍, 深瀬 耕二, 水間 正道, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 林 洋毅, 中川 圭, 武者 宏昭, 森川 孝則, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
2.重症糖尿病に対するスリーブバイパス術の効果 日本人を対象とした多施設共同研究結果から Obesity Surgery.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 770]内藤 剛, 笠間 和典, 関 洋介, 太田 正之, 大城 崇司, 佐々木 章, 宮崎 安弘, 山口 剛, 林 秀樹, 井本 博文, 田中 直樹, 海野 倫明
3.高感度定量的病理診断法"Nano-IHC"を用いた薬剤耐性バイオマーカーによる乳癌術前化学療法後の癌遺残症例の検討.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 759]多田 寛, 宮下 穣, 佐藤 章子, 濱中 洋平, 原田 成美, 渡部 剛, 内藤 剛, 海野 倫明, 亀井 尚, 石田 孝宣
4.術前化学療法で乳癌治療は変わるか? 乳癌術前化学療法の現状と今後の課題 自験例からの検討.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 717]宮下 穣, 多田 寛, 渡部 剛, 原田 成美, 濱中 洋平, 佐藤 章子, 海野 倫明, 内藤 剛, 亀井 尚, 石田 孝宣
5.進行胆嚢癌に対する集学的治療と新たな治療 進行胆嚢癌の治療成績から見た手術適応と治療戦略.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 696]益田 邦洋, 林 洋毅, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 中川 圭, 森川 孝則, 元井 冬彦, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
6.安全に配慮した高難度腹腔鏡下膵切除 Referee systemを用いた安全な腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の導入.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 686]森川 孝則, 石田 晶玄, 高舘 達之, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 有明 恭平, 益田 邦洋, 青木 豪, 大沼 忍, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 水間 正道, 武者 宏昭, 中川 圭, 林 洋毅, 宮城 重人, 元井 冬彦, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
7.UR膵癌に対する治療戦略 切除不能膵癌に対するConversion Surgey(CS)の適応 無再発生存期間の目標設定に基づくCS実施基準の再考.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 619]元井 冬彦, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 川口 桂, 益田 邦洋, 青木 豪, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 水間 正道, 坂田 直昭, 大塚 英郎, 森川 孝則, 林 洋毅, 中川 圭, 江川 新一, 内藤 剛, 石田 孝宣, 亀井 尚, 海野 倫明
8.Border line膵癌に対する腹腔動脈合併尾側膵切除術(DP-CAR)の意義 腹腔動脈接触角度と術前治療有無からみた、当科DP-CAR症例の予後の検討.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 607]林 洋毅, 元井 冬彦, 水間 正道, 有明 恭平, 畠 達夫, 高舘 達之, 伊関 雅裕, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 森川 孝則, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
9.IPMNとIPNB-診断と治療のアップデート- 新分類(type1、type2)による胆管内乳頭状腫瘍(IPNB)切除例の検討.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 560]水間 正道, 青木 泰孝, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 坂田 直昭, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 元井 冬彦, 内藤 剛, 亀井 尚, 石田 孝宣, 古川 徹, 海野 倫明
10.術後合併症予防・早期回復のための周術期管理の工夫 当科におけるEnhanced Recovery After Surgeryの原発性肝癌に対する肝切除における効果についての検討.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 394]中西 渉, 宮城 重人, 中西 史, 戸子台 和哲, 原 康之, 宮澤 恒持, 清水 健司, 植松 智海, 海野 倫明, 亀井 尚
11.クローン病における再(再々)手術率の検討および頻回の再手術例に対する新吻合法の有用性の検討.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 936]渡辺 和宏, 長尾 宗紀, 鈴木 秀幸, 大沼 忍, 唐澤 秀明, 田中 直樹, 工藤 克昌, 青木 豪, 井本 博文, 武者 宏昭, 元井 冬彦, 石田 孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛, 海野 倫明
12.肥満治療の最前線 新規薬剤開発から外科治療(Forefront research into obesity management: from development of novel agents to surgical therapy Current status and future perspective of surgical treatment for obesity and diabetes in Japan).[糖尿病,61(Suppl.1), (2018), S-95]内藤 剛, 井本 博文, 田中 直樹, 元井 冬彦, 亀井 尚, 海野 倫明
13.再建困難例に対する肝移植の工夫 特に動脈再建について.[肝臓,59(Suppl.1), (2018), A534]宮城 重人, 亀井 尚, 海野 倫明
14.CA19-9正常膵癌の検討.[日本消化器病学会雑誌,115(臨増総会), (2018), A288]水間 正道, 元井 冬彦, 畠 達夫, 伊関 雅裕, 高舘 達之, 有明 恭平, 益田 邦洋, 石田 晶玄, 深瀬 耕二, 大塚 英郎, 中川 圭, 林 洋毅, 森川 孝則, 内藤 剛, 亀井 尚, 下瀬川 徹, 海野 倫明
15.基礎研究から紐解く膵・胆道の恒常性とその破綻 膵切後脂肪肝の基礎的・臨床的検討.[日本消化器病学会雑誌,115(臨増総会), (2018), A188]石田 晶玄, 坂田 直昭, 海野 倫明
16.IPMNの新展開 血液中の血球細胞と蛋白成分から得た炎症性マーカーは膵管内乳頭粘液性腺癌(IPMC)の予測診断に有用か?.[日本消化器病学会雑誌,115(臨増総会), (2018), A179]畠 達夫, 水間 正道, 海野 倫明
17.慢性膵炎診療の現状と課題 当科における慢性膵炎手術の検討.[日本消化器病学会雑誌,115(臨増総会), (2018), A128]佐藤 英昭, 石田 晶玄, 海野 倫明
18.肝門部領域胆管癌の術前診療 肝門部領域胆管癌にマッピングバイオプシーがもたらすもの.[日本消化器病学会雑誌,115(臨増総会), (2018), A122]中川 圭, 菅野 敦, 海野 倫明
19.ハイブリッド手術室を用いた新たな外科手術の試み.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 2540]原 康之, 宮城 重人, 中西 史, 中西 渉, 宮澤 恒持, 植松 智海, 清水 健司, 赤松 大二朗, 後藤 均, 海野 倫明, 亀井 尚
20.多臓器の幹細胞におけるRunx1エンハンサーとLgr5の関与.[日本外科学会定期学術集会抄録集,118回, (2018), 2467]山村 明寛, 松尾 純一, 佐藤 英昭, Lim Yi Hui Melissa, Mon Naing Naing, Dede Liana Heng, Hosain Md Zakir, 青木 豪, 内藤 剛, 亀井 尚, Yeoh Khay Guan, 海野 倫明, 大里 元美, 伊藤 嘉明
Page: [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University