著書論文等- 藤田 恭子 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:62件
[2017]
1.[] ザクセン=アンハルト州ハレ市の教育現場における難民受入れ ―多文化社会ドイツの一断面―.[日本独文学会ホームページ, (2017)]藤田恭子
2.[] グローバル共生社会の理解を重視した高校における非英語外国語教育導入プログラムの開発 -ドイツ語・フランス語導入を通しての多文化社会EUの理解-.[東北大学学務審議会・高度教養教育・学生支援機構 現代社会の高度教養教育を創造するために-東北大学高度教養教育開発の取り組み-(高度教養教育開発推進事業報告書), (2017), 5-10]藤田恭子
[2016]
3.[] ルーマニアにおけるドイツ語学文学研究の現在を読む -ルーマニア独文学会会長ジョルジュ・グツ教授の古稀記念論集刊行に寄せて―.[東北ドイツ文学研究,(57),(2016),105-118]藤田恭子
4.[] ルーマニアにおける国家保安部(セクリタテア)記録文書公開 -ヘルタ・ミュラーが見る「過去の克服」の現実―.[東北ドイツ文学研究,(57),(2016),123-130]藤田恭子
[2015]
5.[] 自著を語る『「周縁」のドイツ語文学―ルーマニア領ブコヴィナのユダヤ系ドイツ語詩人たち―』.[東北大学出版会 宙,(29), (2015), 1-3]藤田恭子
6.[] 第6回 "不可視の隣人たち" 『おじいちゃんの里帰り』上映会・討議について.[東北大学大学院国際文化研究科 不可視の隣人たち 第6回映画上映会+討議 『おじいちゃんの里帰り』, (2015), 2-4]藤田恭子
7.[] マイノリティ文学とゲーテ.[同学社 ラテルネ,(113), (2015), 12-13]藤田恭子
[2014]
8.[] 多民族国家の解体と「ドイツ人」意識の変容 -両次大戦間期ルーマニアにおけるユダヤ系およびドイツ系ドイツ語話者を事例にー.[ドイツ研究(日本ドイツ学会),(48),(2014)]藤田恭子
9.[] 第5回 "不可視の隣人たち” 『ジプシー・キャラバン』上映会・討議について.[東北大学大学院国際文化研究科 不可視の隣人たち 第5回映画上映会+討議 『ジプシー・キャラバン』, (2014), 2-3]藤田恭子
10.[] 「周縁」のドイツ語文学 -ルーマニア領ブコヴィナのユダヤ系ドイツ語詩人たちー.[東北大学出版会,(2014)]藤田恭子
ISBN978-4-86163-238-9
11.[] Auf der Suche nach den Stimmen der "Marginalisierten" -Bemerkungen anlaesslich der Veroeffentlichung von "Die Buche. Eine Anthologie deutschsprachiger Judendichtungaus der Bukowina"-.["Kultivierte Menschen haben Beruhigendes..." Festschrift fuer George Gutu, hrsg.von Gabriel H. Decuble u.a.,1,(2014),112-125]Kyoko FUJITA
[2013]
12.[] 集団的記憶装置としてのアンソロジー -ブコヴィナのドイツ語文学アンソロジー史をめぐってー.[上智大学 ドイツ文学論集(ドイツ文学科百周年記念特別号),(50),(2013),85-92]藤田恭子
[2012]
13.[] トランシルヴァニア案内 ―知られざるドイツ語文化都市シビウ―.[郁文堂 Brunnen,(476), (2012), 6-9]藤田恭子
14.[] 集団的記憶装置とアイデンティティ可視化の場としてのアンソロジー ―ブコヴィナのドイツ語文学アンソロジー企画の変遷とその意味―.[ディアスポラにみる文学の再発見と蓄積 ―アーカイヴ化されるマイノリティの記憶― (科学研究費補助金研究成果報告書、代表:鈴木道男),(2012),18-37]藤田恭子
[2011]
15.[] ドイツ語圏文化の現在―ベルリンの壁崩壊・東欧革命後20年の変化を読む―(日本独文学会研究叢書080号).[日本独文学会,(2011)]奈倉洋子編著、藤田恭子、重野純子、小林徳子、竹田和子、三上雅子、長こずえ著
ISBN978-4-901909-80-8
16.[] 「周縁」からの声の行方 : 『ぶな-ブコヴィナのドイツ語ユダヤ文学アンソロジー』の出版をめぐって.[日本独文学会 ドイツ文学,(142), (2011), 227-235]藤田恭子
[2010]
17.[] Germanistik in Sued-Ost-Europa -Zum Sonderbeitrag von Prof. Dr. George Gutu-.[Gesellschaft der Germanisten Rumaeniens (GGR) Homepage http://www.ggr.ro/Fujita_ueber%20Gutu.htm, (2010)]Kyoko Fujita
18.[] 「周縁」のドイツ語文学―ブコヴィナのユダヤ系文学における多重的周縁性とその表象― 平成19年度~平成21年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書.[(2010)]藤田恭子
19.[] ヘルタ・ミュラーとルーマニア・ドイツ語文学 ―ノーベル文学賞受賞によせて―.[郁文堂 Brunnen,(461), (2010), 13-15]藤田恭子
[2009]
20.[] 南東ヨーロッパ発のGermanistik―ジョルジュ・グツ教授の特別寄稿によせて―.[東北ドイツ文学会 東北ドイツ文学研究,(52), (2009), 133-135]藤田恭子
Page: [1] [2] [3] [4] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University