研究紹介- 田村 裕和 -


ハイパー核の実験的研究

ラムダ粒子などのストレンジネスをもつ重粒子(陽子や中性子の仲間)を構成要素として含む原子核である「ハイパー核」の実験的研究を行っている。特に、最近ラムダハイパー核のガンマ線精密分光法を開拓した。Hyperballと呼ばれる大型ゲルマニウム検出器群を用い、さまざまなラムダハイパー核の構造を精密に調べ、そこからラムダと核子の間の相互作用を明らかにしつつある。またラムダ粒子という異物による原子核の性質の変化や、ラムダ粒子を利用して核内で重粒子の性質がどう変化するかなども調べている。
URLhttp://lambda.phys.tohoku.ac.jp/~tamura


ストレンジネスをもつハドロンの実験的研究

反ストレンジクォークを持つペンタクォーク粒子の探索など、ストレンジネスを含むハドロンの実験研究をJ-PARC等で行う。
URLhttp://lambda.phys.tohoku.ac.jp/~tamura
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University