論文- 吉田 栄人 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:38件
[2017]
1.メキシコにおける先住民文学ルネッサンス.[国際文化研究科論集,(25),(2017),29-40]吉田栄人
2.シュ・タバイ伝説の変容―民俗社会の説話から新しいモードの語りへ.[ラテンアメリカ・カリブ研究,(24),(2017),1-20]吉田栄人
[2016]
3.Un análisis morfo-sintáctico sobre el tiempo y el aspecto en la lengua maya yucateca.[ラテンアメリカ・カリブ研究,23,(2016),39-51]Shigeto Yoshida
[2015]
4.植民地期におけるユカタン・マヤ語の成型 : 気息音の表記をめぐって.[国際文化研究科論集,(23),(2015),33-47]吉田 栄人
5.植民地期におけるユカタン・マヤ語の成型―気息音の表記をめぐって.[国際文化研究科論集,(23),(2015),33-47]吉田栄人
[2014]
6.ユカタン・マヤ語の語末気息音に関する一考察.[ラテンアメリカ・カリブ研究,(21),(2014),1-19]吉田栄人
7.Una reconsideracion sobre la aspiracion despues de vocal al final de palabra en la lengua maya yucateca.[ラテンアメリカ・カリブ研究,(21),(2014),1-19]Shigeto Yoshida
[2013]
8.La ortografia del maya yucateco colonial.[ラテンアメリカ・カリブ研究,(20),(2013),1-20]吉田 栄人
[2010]
9.ユカタン・マヤ語文法の流用と領有.[国際文化研究科論集,18,(2010),13-27]吉田栄人
[2009]
10.現代ユカタン・マヤ語の動詞活用に関する形態論的一考察.[ラテンアメリカ・カリブ研究,(16),(2009),12-25]吉田栄人
[2008]
11.El habitus de consumir imagenes "mayas" en Japon.[ラテンアメリカ・カリブ研究,(15),(2008),13-22]吉田 栄人
12.コミュニカティブ・アプローチによる外国語教育とCALL環境―初級スペイン語教育における事例の報告.[東北大学高等教育開発推進センター紀要,3,(2008),277-291]志柿光浩,吉田栄人,須田明博,三宅禎子
13.Political Culture of Racial Stereotypes in Guyana.[Latin American Studies,16,(2008),85-107]Shigeto Yoshida
[2007]
14.メキシコにおける多文化主義と民族的アイデンティティ : 先住民伝統医療の文化資本化をめぐって.[神戸市外国語大学外国学研究,68,(2007),145-179]吉田 栄人
[2006]
15.日本におけるマヤ・イメージの消費構造―高校生・大学生・放送大学生に対するアンケート調査からの一考察.[古代アメリカ,(9),(2006),1-23]吉田栄人
[2005]
16.ユカタン・マヤ社会における祭礼ハビトゥス.[神戸市外国語大学外国学研究,60,(2005),103-132]吉田 栄人
17.マヤの伝統医療をめぐるイメージの交渉―先住民治療師に期待される医療実践をめぐって.[『マヤ・イメージの形成と消費に関する人類学および歴史学的研究』(平成14年~16年度科学研究費基盤研究(B)(1)研究成果報告書),(2005)]吉田栄人
18.日本におけるマヤ・イメージの実態―マヤ・イメージに関するアンケート調査から.[『マヤ・イメージの形成と消費に関する人類学および歴史学的研究』(平成14年~16年度科学研究費基盤研究(B)(1)研究成果報告書),(2005)]吉田栄人
[2004]
19.Médicos indígenas tradicionales: entre curadores médicos y custodios étnicos..[Creación y consumo de imágenes étnicas de los mayas. Memoria del simposio en el VI Congreso Internacional de Mayistas.,(2004)]Shigeto Yoshida
20.先住民伝統医療の再編成--メキシコにおけるプライマリーヘルスケア政策の現状から.[ラテンアメリカ・カリブ研究,(11),(2004),12-26]吉田 栄人
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University