論文- 安達 宏昭 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:31件
[2019]
1.3.11 AND HISTORICAL STUDIES: Development in Japanese Historiography.[3.11 : DISASTER AND TRAUMA IN EXPERIENCE, UNDERSTANDING, AND IMAGINATION,(2019),99-110]安達 宏昭
2.ICTを活用した大学における「歴史学」教育の試み.[日本歴史,(848),(2019),89-95]安達 宏昭
[2018]
3.戦時期日本の国土計画と華北・蒙疆.[年報 日本現代史,(23),(2018),127-157]安達 宏昭
4.通年動員態勢下の立教中学校(二・完)-動員をめぐる諸問題と学徒隊を中心に-.[立教学院史研究,(15),(2018),2-30]安達 宏昭
[2017]
5.戦時期国土計画における朝鮮.[翰林日本学,(31),(2017),8-32]安達宏昭
6.通年動員態勢下の立教中学校(一)-動員をめぐる諸問題と学徒隊を中心に-.[立教学院史研究,(14),(2017),2-31]安達宏昭
[2016]
7.「「大东亚共荣圈」论」.[南開日本研究2016,(2016),342-367]2015年に発表した安達宏昭「「大東亜共栄圏」論」を中国語に翻訳したもの:(翻訳)張敏
8.「決戦段階」期における「大東亜」経済政策の展開-大東亜省の対「満支」施策を中心に-.[歴史,(126),(2016),117-145]安達宏昭
[2015]
9.戦前・戦後の国土開発と塩釜-港湾を中心に-.[国史談話会雑誌,(56),(2015),345-362]安達宏昭
10.「大東亜共栄圏」論.[岩波講座 日本歴史,18,(2015),141-176]安達宏昭
[2012]
11.戦時期国土計画と東北地方―仙塩地方開発を事例に―.[講座 東北の歴史 第1巻 争いと人の移動(安達宏昭・河西晃祐編著、清文堂出版),(2012),133-153]安達宏昭
[2011]
12.日本の東南アジア・南洋進出.[岩波講座 東アジア近現代通史 第4巻 社会主義とナショナリズム,(2011),340-359]安達宏昭
13.「大東亜建設審議会」論―戦時期の「自給圏建設」をめぐって―.[近現代日本における戦争と平和(現代史料出版),(2011),119-161]安達宏昭
[2010]
14.大学における「歴史学」教育の意義と方法―「概説科目(教職教科専門科目)」に着目して―.[宮城歴史科学研究,(第67),(2010),31-44]安達宏昭
[2009]
15.「決戦体制」下の「大東亜建設審議会」と鉱産資源開発.[日本植民地研究,(21),(2009),17-30]安達宏昭
16.「決戦体制」下の「大東亜建設審議会」と繊維原料増産-棉花を中心に-.[東北大学文学研究科研究年報,(58),(2009),1-35]安達宏昭
[2008]
17.戦時動員体制と立教中学校.[ミッションスクールと戦争-立教学院のディレンマ-,(2008),307-337]安達宏昭
[2007]
18.「大東亜建設審議会」と「食糧自給」構想.[歴史,(108),(2007),1-29]安達宏昭
[2006]
19.戦時期の「大東亜経済建設」構想-「大東亜建設審議会」を中心に-.[日中韓ナショナリズムの同時代史,(2006),93-121]安達宏昭
[2005]
20.「大東亜建設審議会」と「経済建設」構想の展開-「大東亜産業(鉱業、工業及電力)建設基本方策」を中心に-.[史苑,66(1),(2005),4-29]安達宏昭
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University