著書論文等- 安達 宏昭 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:87件
[2011]
41.[] 「大東亜建設審議会」論―戦時期の「自給圏建設」をめぐって―.[近現代日本における戦争と平和(現代史料出版),(2011),119-161]安達宏昭
[2010]
42.[] 大学における「歴史学」教育の意義と方法―「概説科目(教職教科専門科目)」に着目して―.[宮城歴史科学研究,(第67),(2010),31-44]安達宏昭
43.[] 年報 日本現代史 第15号 六〇年安保改定とは何だったのか.[現代史料出版,(2010)]「年報日本現代史」編集委員会
[2009]
44.[] 仙台市史 通史編7 近代2.[(2009)]守屋嘉美、難波信雄、岩本由輝、安達宏昭、ほか14名
45.[] 「決戦体制」下の「大東亜建設審議会」と鉱産資源開発.[日本植民地研究,(21),(2009),17-30]安達宏昭
46.[] 年報 日本現代史 第14号 高度成長の史的検証.[現代史料出版,(2009)]「年報日本現代史」編集委員会
47.[] 自校史教育の意義と基盤-二つの大学での経験から-.[東北大学史料館だより,(10), (2009), 2-3]安達宏昭
48.[] 「決戦体制」下の「大東亜建設審議会」と繊維原料増産-棉花を中心に-.[東北大学文学研究科研究年報,(58),(2009),1-35]安達宏昭
49.[] 東北大学百年史 二 通史二.[(2009)]平川新、安達宏昭他20名
[2008]
50.[] 日本植民地研究の現状と課題.[アテネ社,(2008)]日本植民地研究会編
51.[] 年報日本現代史 第13号 戦後体制の形成-1950年代の歴史像再考-.[現代史料出版,(2008)]「年報日本現代史」編集委員会
52.[] 戦時動員体制と立教中学校.[ミッションスクールと戦争-立教学院のディレンマ-,(2008),307-337]安達宏昭
[2007]
53.[] 年報 日本現代史 第12号 現代歴史学とナショナリズム.[現代史料出版,(2007)]「年報日本現代史」編集委員会
54.[] 「大東亜建設審議会」と「食糧自給」構想.[歴史,(108),(2007),1-29]安達宏昭
[2006]
55.[] 戦時期の「大東亜経済建設」構想-「大東亜建設審議会」を中心に-.[日中韓ナショナリズムの同時代史,(2006),93-121]安達宏昭
56.[] 仙台市史 資料編8 近現代4.[(2006)]守屋嘉美,難波信雄,岩本由輝,安達宏昭、ほか16名
57.[] 年報 日本現代史 第11号 歴史としての日本国憲法.[現代史料出版,(2006)]「年報日本現代史」編集委員会
[2005]
58.[] 「大東亜建設審議会」と「経済建設」構想の展開-「大東亜産業(鉱業、工業及電力)建設基本方策」を中心に-.[史苑,66(1),(2005),4-29]安達宏昭
59.[] 書評・「柳沢遊・木村健二編著『戦時下アジアの日本経済団体』」.[日本歴史,(第686), (2005), 124-126]安達宏昭
60.[] 年報 日本現代史 第10号 「帝国」と植民地.[現代史料出版,(2005)]「年報日本現代史」編集委員会
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University