総説・解説記事- 柳原 敏昭 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:17件
[2018]
1.書評と紹介 海老沢衷、近藤成一、甚野尚志『朝河貫一と日欧中世史研究』.[『日本歴史』845,(845), (2018), 102-104]柳原敏昭
2.野鳥つながり.[鈴木岩弓・小林隆編『柳田國男と東北大学』東北大学出版会, (2018)]柳原 敏昭
[2017]
3.アイヌ文化成立期の北海道と平泉・鎌倉―北海道厚真町の遺跡群が投げかけるもの―.[山川出版社 『歴史と地理 日本史の研究』258, (2017), 51-54]柳原敏昭
4.中世初期日本国周縁部における交流の諸相.[古代東ユーラシア研究センター年報,3, (2017)]柳原敏昭
[2016]
5.書評と紹介 飯村均『中世奥羽の考古学』.[吉川弘文館 『日本歴史』823, (2016)]柳原敏昭
[2014]
6.史料紹介 日本史研究室で見つかった島尾敏雄の手紙―奄美史研究の一齣―.[国史談話会雑誌,54, (2014), 150-153]柳原敏昭
[2009]
7.2008年の歴史学会 回顧と展望 日本(中世).[史学雑誌,118(5), (2009)]柳原敏昭
8.奥羽史料調査部─地域史研究の先駆─.[東北大学出版会 ものがたり東北大学の至宝, (2009), 47-60]柳原敏昭
9.仙台城.[宮城歴史科学研究,(63・64), (2009), 11-14]柳原敏昭
[2006]
10.インドネシアでの一ヶ月.[国史談話会雑誌,47, (2006), 93-101]柳原敏昭
11.十二世紀の奥羽越と会津.[福島県坂下町教育委員会 文化財シンポジウム「十二世紀の奥羽越」報告書, (2006), 5-13]柳原敏昭
[2004]
12.九州の唐坊・唐房の由来を探る.[新人物往来社 別冊歴史読本『地名を歩く』, (2004)]柳原敏昭
[2003]
13.国史・日本史研究室小史 付・略年表.[国史談話会雑誌,44, (2003)]柳原敏昭
14.仙台城の艮櫓建設問題と石垣保存運動.[歴史評論,633, (2003)]柳原敏昭
[2002]
15.陰陽道史上の室町時代.[大修館書店 しにか,13(3), (2002)]柳原敏昭
[1996]
16.米軍資料にみる6.17鹿児島空襲─米軍第21爆撃機集団『作戦任務報告書』(試訳)─.[鹿児島大学 社会科学雑誌,19, (1996), 65-111]柳原敏昭・小栗実
17.現代学生の戦争認識.[鹿大史学,43, (1996), 19-42]柳原敏昭
Page: [1]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University