論文- 柳原 敏昭 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:48件
[2018]
1.柳田國男に師事した東北帝大生―大島正隆の民俗学と歴史学―.[鈴木岩弓・小林隆編『柳田國男と東北大学』東北大学出版会,(2018),65-92]柳原 敏昭
[2017]
2.「伊達氏重臣遠藤家文書」の料紙について.[湯山賢一編『古文書料紙論叢』,(2017),365-383]柳原 敏昭
3.「伊達氏重臣遠藤家文書」の料紙について.[湯山賢一編『古文書料紙論叢』、勉誠社,(2017),365-383]柳原敏昭
[2016]
4.治安維持法で検挙された唯一の女子帝大生.[宮城歴史科学研究,76・77,(2016),33-54]柳原敏昭
[2015]
5.奥州合戦.[東北の中世史1 平泉の光芒 (吉川弘文館),(2015)]柳原敏昭
[2014]
6.中世の交通と地域性.[岩波講座 日本歴史,2,(2014),113-144]柳原敏昭
7.大島正隆と森嘉兵衛―戦前・戦中期東北地方の研究者間交流―.[伊藤清郎編『最上氏と出羽の歴史』,(2014),205-222]柳原敏昭
[2013]
8.中世日本国周縁部の歴史認識と正統観念.[熊谷公男・柳原敏昭編 講座東北の歴史3 境界と自他の認識,(2013),274-295]柳原敏昭
9.史学史研究の現在―東北中世史の開拓者 大島正隆を中心として―.[第50回中世史サマーセミナー実行委員会編 日本中世史研究の歩み,(2013),69-94]柳原敏昭
10.『鎌倉遺文』の「古田券」を典拠とする文書について-『鎌倉遺文』未収録文書の紹介もかねて-.[東京大学史料編纂所研究成果報告書2012-4 協調環境下での中世文書の網羅的収集による古文書学の再構築,(2013),83-95]柳原敏昭
11.Onmyodo in the Muromachi Period.[JAPANES JOURNAL OF RELIGIOUS STUDIES,40(1),(2013),131-150]YANAGIHARA Toshiaki
[2012]
12.東北中世史の開拓者 大島正隆の鈴木家調査.[産金村落と奥州の地域社会,(2012),225-249]柳原敏昭
[2011]
13.境界への逃亡.[竹田和夫編『古代中世の境界意識と文化交流』、勉誠社,(2011)]柳原敏昭
[2010]
14.唐坊と唐人町.[日本の対外関係4 倭寇と「日本国王」,(2010),204-214]柳原敏昭
15.滝川事件と東北帝国大学.[宮城歴史科学研究,(66),(2010),1-29]柳原敏昭
16.曽我文書の軍忠状写と安藤家季の花押.[2007~09年度科学研究費補助金 基盤研究(B)『南部光徹氏所蔵「遠野南部家文書」の調査・研究』研究成果報告書,(2010),131-132]柳原敏昭
17.東北帝国大学時代の「生協」─医学部自治会と法文共済部─.[『東北大学百年史』3、通史3,(2010),332-387]柳原敏昭
18.「源氏南部八戸家系」の成立.[2007~09年度科学研究費補助金 基盤研究(B)『南部光徹氏所蔵「遠野南部家文書」の調査・研究』研究成果報告書,(2010),23-39]柳原敏昭
19.太田正雄東北帝大医学部教授(木下杢太郎)と学生たち.[人文社会講演シリーズⅣ 三浦秀一編『東北人の自画像』,(2010),131-174]柳原敏昭
[2008]
20.東北帝大入学前後の大島正隆.[東北中世史研究会会報,18,(2008),1-16]柳原敏昭
Page: [1] [2] [3] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University