研究紹介- 柳原 敏昭 -



日本中世国家の東西の周縁部であった東北地方と九州地方との比較研究を行っている。



地域における歴史意識・歴史認識の形成と変容に関する研究を行っている。



南北朝・室町時代を中心に、政治と宗教(とくに陰陽道)の関わりを研究している。
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University