著書論文等- 柳原 敏昭 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:83件
[2018]
1.[] 書評と紹介 海老沢衷、近藤成一、甚野尚志『朝河貫一と日欧中世史研究』.[『日本歴史』845,(845), (2018), 102-104]柳原敏昭
2.[] 柳田國男に師事した東北帝大生―大島正隆の民俗学と歴史学―.[鈴木岩弓・小林隆編『柳田國男と東北大学』東北大学出版会,(2018),65-92]柳原 敏昭
3.[] 野鳥つながり.[鈴木岩弓・小林隆編『柳田國男と東北大学』東北大学出版会, (2018)]柳原 敏昭
4.[] 青森県史 通史編1 原始・古代・中世.[青森県,(2018)]柳原敏昭
[2017]
5.[] アイヌ文化成立期の北海道と平泉・鎌倉―北海道厚真町の遺跡群が投げかけるもの―.[山川出版社 『歴史と地理 日本史の研究』258, (2017), 51-54]柳原敏昭
6.[] 「伊達氏重臣遠藤家文書」の料紙について.[湯山賢一編『古文書料紙論叢』,(2017),365-383]柳原 敏昭
7.[] 「伊達氏重臣遠藤家文書」の料紙について.[湯山賢一編『古文書料紙論叢』、勉誠社,(2017),365-383]柳原敏昭
8.[] 伊達家重臣遠藤家文書~戦国編2~.[白石市文化遺産活用推進委員会,(2017)]柳原敏昭、菅野正道、竹井英文、黒田風花
9.[] 中世初期日本国周縁部における交流の諸相.[古代東ユーラシア研究センター年報,3, (2017)]柳原敏昭
[2016]
10.[] 書評と紹介 飯村均『中世奥羽の考古学』.[吉川弘文館 『日本歴史』823, (2016)]柳原敏昭
11.[] 治安維持法で検挙された唯一の女子帝大生.[宮城歴史科学研究,76・77,(2016),33-54]柳原敏昭
12.[] 多賀城市文化財調査報告書129 天童家文書Ⅳ.[多賀城市教育委員会,(2016)]柳原敏昭
[2015]
13.[] 奥州合戦.[東北の中世史1 平泉の光芒 (吉川弘文館),(2015)]柳原敏昭
[2014]
14.[] 中世の交通と地域性.[岩波講座 日本歴史,2,(2014),113-144]柳原敏昭
15.[] 新編八戸市史 中世資料編.[(2014)]柳原敏昭、菅野文夫、七海雅人、熊谷隆之、兼平賢治
16.[] 大島正隆と森嘉兵衛―戦前・戦中期東北地方の研究者間交流―.[伊藤清郎編『最上氏と出羽の歴史』,(2014),205-222]柳原敏昭
17.[] 史料紹介 日本史研究室で見つかった島尾敏雄の手紙―奄美史研究の一齣―.[国史談話会雑誌,54, (2014), 150-153]柳原敏昭
[2013]
18.[] 講座東北の歴史3 境界と自他の認識.[清文堂,(2013)]柳原敏昭・熊谷公男他
19.[] 中世日本国周縁部の歴史認識と正統観念.[熊谷公男・柳原敏昭編 講座東北の歴史3 境界と自他の認識,(2013),274-295]柳原敏昭
20.[] 史学史研究の現在―東北中世史の開拓者 大島正隆を中心として―.[第50回中世史サマーセミナー実行委員会編 日本中世史研究の歩み,(2013),69-94]柳原敏昭
Page: [1] [2] [3] [4] [5] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University