研究紹介- 佐藤 源之 -


地雷探査用地中レーダの開発

広帯域GPRレーダシステムの開発と応用。アフガニスタン、カンボジアなど地雷被災国での評価実験を実施しています。
URLhttp://cobalt.cneas.tohoku.ac.jp/users/sato/newpage19.htm
写真


ポーラリメトリック・インターフェロメトリックボアホールレーダの開発と応用

地下深部の地下水流動を的確に捉えます。
URLhttp://cobalt.cneas.tohoku.ac.jp/users/sato/newpage4.htm
写真


地表設置型合成開口レーダによる樹木の3次元計測

樹木の誘電率分布など通常のカメラでは得られない情報を計測可能です。
写真



レーダポーラリメトリを利用した環境計測への応用を目的とした航空機搭載型の合成開口レーダ(Pi-SAR)による環境計測を通信総合研究所、NASDAなどと共同で実施しています。図面は東北大学周辺のレーダイメージです。
写真
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University