論文- 坂井 信之 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:72件
[2017]
1.視覚刺激の色彩と形態が香織の印象評定に及ぼす影響.[日本味と匂学会誌,第51回大会Proceeding集,(2017),S121-S124]姜穀男・山道海路・坂井信之
2.ストーマ保有者(人工肛門)におけるにおいを強くする食品の物質濃度.[日本味と匂学会誌,第51回大会Proceeding集,(2017),S121-S124]溝畑秀隆・坂井信之・山本正之・當座康弘・永岡勤佐
3.The effect of order of dwells on the first dwell gaze bias for eventually chosen items.[PLoS ONE,12(7),(2017),e0181641-]Onuma T, Penwannakul Y, Fuchimoto J, Sakai N.
4.味覚教育で感性と個性を磨く.[家庭科,(29-1),(2017),6-10]坂井信之
5.嗜好の形成と香りの寄与.[Aroma Research,18(1),(2017),3-8]坂井信之・丸山弘明・大沼卓也
6.香りの基礎知識-香りの心理的・脳科学的な作用-.[Cosmetic Stage,11(3),(2017),33-40]坂井信之
[2016]
7.風味の快楽.[基礎心理学研究,35(1),(2016),21-24]坂井信之・大沼卓也
8.Higher-order conditioning of taste-odor learning in rats: Evidence for the association between emotional aspects of gustatory information and olfactory information.[Physiology & Behavior,164(Part A),(2016),407-416]Onuma, T. and Sakai, N.
10.1016/j.physbeh.2016.06.025
9.だれかと食べるとたくさん食べる?だれかと食べるとおいしい?.[行動科学,54,(2016),101-109]山中祥子・長谷川智子・坂井信之
[2015]
10.fNIRSによる炭酸水摂取後の脳血流応答および主観的評価と嗜好性の関連性.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),273-276]丸山弘明・荒木茂樹・小島英敏・渕本潤・中村剛・坂井信之
11.においを強くする食品摂取後における便臭の物質濃度(%)に関する研究.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),483-484]溝畑秀隆・坂井信之・山中裕佳子・待田裕美
12.ラットにおける混合臭の処理様式の行動学的検討.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),461-464]大沼卓也・坂井信之
13.fMRIによるビールの香りに対する脳内活動部位の検討.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),453-456]荒木茂樹・小島英敏・渕本潤・中村剛・硲哲崇・坂井信之
14.体臭の関連成分の嗅覚閾値の性差及び年代差解析.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),429-432]澤田真希・澤田彰子・坂井信之
15.おいしさは測れるか?-潜在的なおいしさと顕在的なおいしさ.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),341-344]ペンワンナクン ユワディー・大沼卓也・近藤遼・坂井信之
16.チョコレートのおいしさ評定における提示順序効果.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),337-340]庄子道生・ペンワンナクン ユワディー・小野間統子・坂井信之
17.飲料および容器の色が飲料の味の推定及び知覚に及ぼす効果.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),333-336]加藤健二・坂井信之
18.おいしさの関するテンプレートの形成過程の予備的検討.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),329-332]坂井信之・大沼卓也・後藤麻友
19.MSGによる塩味増強効果-Time-intensity法と唾液腺活動計測による検討.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),325-328]近藤遼・大沼卓也・坂井信之
20.「おいしさ」の認知と記憶の関係性に関する認知神経科学的研究.[杉山産業化学研究所年報,平成26年,(2015),69-74]坂井信之
Page: [1] [2] [3] [4] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University