著書論文等- 坂井 信之 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:103件
[2008]
81.[] Effects of cognitive factors on perceived odor intensity in adaptation/habituation processes: from 2 different odor presentation methods..[Chemical Senses, 33, 163-171,(2008)]Kobayashi, T., Sakai, N., Kobayakawa, T., Akiyama, S., Toda, H. and Saito, S.
82.[] 嗅覚と聴覚における注意の分配に関する心理学的研究.[日本味と匂学会誌,(2008)]坂井信之・宮崎麻美
[2007]
83.[] 新編感覚・知覚心理学ハンドブックPart2, 大山正・今井省吾・和気典二・菊地正編.[誠信書房,(2007)]坂井 信之
84.[] ヒトのおいしさ評定におけるCMの影響.[日本味と匂学会誌,(2007)]坂井信之
85.[] 食品の美味しさと心理学.[FFIジャーナル,(2007)]坂井信之
86.[] においに関する情報がにおいの快不快と脳活動に及ぼす影響.[AROMA RESEARCH, 8(4), 18-23,(2007)]坂井信之
87.[] 見た目、先入観とおいしさ.[人間生活工学,(2007)]坂井信之
88.[] Exploring human brain activities involved in the hedonic-evaluating process of odors..[認知神経科学,(2007)]Sakai, N., Takahashi, A., Kobayakawa, T., Yamauchi, Y., Imada, S. and Saito, S.
[2006]
89.[] においに対する教示はにおいの脳内情報処理に影響を与える.[におい・かおり環境学会誌, 37, 9-14,(2006)]坂井信之・小早川達・戸田英樹・山内康司・斉藤幸子
90.[] 嗅覚知覚におけるにおいと色の調和の効果.[AROMA RESEARCH,(2006)]坂井信之・水野智之・長谷川智子
91.[] 食行動を行動科学の側面から研究する(1)〜(3).[生活科学論叢,(2006)]坂井信之
92.[] 味覚・嗅覚研究におけるfunctional MRI適用の問題点.[日本味と匂学会誌,(2006)]坂井信之・小早川達・小川尚・丹生健一
93.[] 食物のおいしさ評定における視覚イメージの役割.[日本味と匂学会誌,(2006)]坂井信之・森川直
94.[] 他の感覚が嗅覚知覚に及ぼす影響.[におい・かおり環境学会誌,(2006)]坂井信之
[2005]
95.[] 「食感創造ハンドブック」(西成勝好、大越ひろ、神山かおる、山本隆編)第4章第4節135-142.[サイエンスフォーラム社,(2005)]坂井 信之
96.[] 食べることの心理学(今田純男編).[有斐閣,(2005)]坂井 信之
97.[] Functional MRI Detection of Activation in the Primary Gustatory Cortices in Humans.[Chemical Senses,(2005)]H. Ogawa, M. Wakita, K. Hasegawa, T. Kobayakawa, N. Sakai, T. Hirai, Y. Yamashita, and S. Saito
[2003]
98.[] 食品と味(伏木亨編).[光琳,(2003)]今田純男・坂井信之
99.[] fMRIを用いたニオイによる脳活性化の個人差(共著).[におい・かおり環境学会誌,(2003)]坂井信之・小早川達・高橋晃・山内康司・斉藤幸子
[2002]
100.[] ニオイによる味覚像強効果はニオイに対する味覚イメージの影響を受ける(共著).[日本味と匂学会誌,(2002)]坂井信之・石原裕子・斉藤幸子
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University