著書論文等- 坂井 信之 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:103件
[2016]
21.[] Higher-order conditioning of taste-odor learning in rats: Evidence for the association between emotional aspects of gustatory information and olfactory information.[Physiology & Behavior,164(Part A),(2016),407-416]Onuma, T. and Sakai, N.
10.1016/j.physbeh.2016.06.025
22.[] だれかと食べるとたくさん食べる?だれかと食べるとおいしい?.[行動科学,54,(2016),101-109]山中祥子・長谷川智子・坂井信之
23.[] 香りや見た目え脳を勘違いさせる 毎日が楽しくなる応用心理学.[かんき出版,(2016)]坂井信之
ISBN978-4761271671
[2015]
24.[] fNIRSによる炭酸水摂取後の脳血流応答および主観的評価と嗜好性の関連性.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),273-276]丸山弘明・荒木茂樹・小島英敏・渕本潤・中村剛・坂井信之
25.[] においを強くする食品摂取後における便臭の物質濃度(%)に関する研究.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),483-484]溝畑秀隆・坂井信之・山中裕佳子・待田裕美
26.[] ラットにおける混合臭の処理様式の行動学的検討.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),461-464]大沼卓也・坂井信之
27.[] fMRIによるビールの香りに対する脳内活動部位の検討.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),453-456]荒木茂樹・小島英敏・渕本潤・中村剛・硲哲崇・坂井信之
28.[] 体臭の関連成分の嗅覚閾値の性差及び年代差解析.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),429-432]澤田真希・澤田彰子・坂井信之
29.[] おいしさは測れるか?-潜在的なおいしさと顕在的なおいしさ.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),341-344]ペンワンナクン ユワディー・大沼卓也・近藤遼・坂井信之
30.[] チョコレートのおいしさ評定における提示順序効果.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),337-340]庄子道生・ペンワンナクン ユワディー・小野間統子・坂井信之
31.[] 飲料および容器の色が飲料の味の推定及び知覚に及ぼす効果.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),333-336]加藤健二・坂井信之
32.[] おいしさの関するテンプレートの形成過程の予備的検討.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),329-332]坂井信之・大沼卓也・後藤麻友
33.[] MSGによる塩味増強効果-Time-intensity法と唾液腺活動計測による検討.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),325-328]近藤遼・大沼卓也・坂井信之
34.[] 「おいしさ」の認知と記憶の関係性に関する認知神経科学的研究.[杉山産業化学研究所年報,平成26年,(2015),69-74]坂井信之
35.[] ヒトの心理状態が歯の色彩認知に及ぼす影響.[歯科の色彩,21(1),(2015),12-21]東田一仁・坂井信之・硲哲崇・堀田正人
36.[] Role of the lateral prefrontal cortex in visual feedback processing following self-generated finger movement..[Tohoku Psychologica Folia,73,(2015),1-8]Shibata, H., Kanda, M., Takashima, Y. and Sakai, N.
37.[] ラットにおける味と匂いの連合学習と快・不快価の転移.[日本味と匂学会誌, 21,(2015)]大沼卓也・坂井信之
38.[] 水素・ヒノキ精油含有入浴剤の使用がヒトの心理と生理に及ぼす影響.[日本味と匂学会誌, 21,(2015)]庄子道生・坂井信之
[2014]
39.[] 誠信 心理学辞典 新版.[誠信書房,(2014)]綾部早穂・坂井信之
40.[] 香りと味の相互作用と融合.[香料, 263, 43-50.,(2014)]坂井信之
Page: [prev] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University