著書論文等- 坂井 信之 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:96件
[2017]
1.[] 視覚刺激の色彩と形態が香織の印象評定に及ぼす影響.[日本味と匂学会誌,第51回大会Proceeding集,(2017),S121-S124]姜穀男・山道海路・坂井信之
2.[] ストーマ保有者(人工肛門)におけるにおいを強くする食品の物質濃度.[日本味と匂学会誌,第51回大会Proceeding集,(2017),S121-S124]溝畑秀隆・坂井信之・山本正之・當座康弘・永岡勤佐
3.[] The effect of order of dwells on the first dwell gaze bias for eventually chosen items.[PLoS ONE,12(7),(2017),e0181641-]Onuma T, Penwannakul Y, Fuchimoto J, Sakai N.
4.[] 味覚教育で感性と個性を磨く.[家庭科,(29-1),(2017),6-10]坂井信之
5.[] 食行動の科学(今田純雄・和田有史編).[朝倉書店,(2017)]坂井信之
6.[] 嗜好の形成と香りの寄与.[Aroma Research,18(1),(2017),3-8]坂井信之・丸山弘明・大沼卓也
7.[] 香りの基礎知識-香りの心理的・脳科学的な作用-.[Cosmetic Stage,11(3),(2017),33-40]坂井信之
[2016]
8.[] 香りと五感(外池光雄編).[フレグランスジャーナル社,(2016)]坂井信之
9.[] ピュイゼ 子どものための味覚教育 食育入門編.[講談社,(2016)]石井克枝・ジャック ピュイゼ・坂井信之・田尻泉
10.[] 風味の快楽.[基礎心理学研究,35(1),(2016),21-24]坂井信之・大沼卓也
11.[] 匂いと心ー香りの認知.[国立科学博物館 milsil,9(6), (2016), 12-13]坂井信之
12.[] 気になるニオイ.[心理学ワールド,(74), (2016), 5-8]坂井信之
13.[] Novel Approaches of Nanotechnology in Food, Volume 1 (Nanotechnology in the Agri-Food Industry).[Academic Press,(2016)]Nobuyuki Sakai, Hisayuki Uneyama and Visith Chavasit
ISBN978-0128043080
14.[] Higher-order conditioning of taste-odor learning in rats: Evidence for the association between emotional aspects of gustatory information and olfactory information.[Physiology & Behavior,164(Part A),(2016),407-416]Onuma, T. and Sakai, N.
10.1016/j.physbeh.2016.06.025
15.[] だれかと食べるとたくさん食べる?だれかと食べるとおいしい?.[行動科学,54,(2016),101-109]山中祥子・長谷川智子・坂井信之
16.[] 香りや見た目え脳を勘違いさせる 毎日が楽しくなる応用心理学.[かんき出版,(2016)]坂井信之
ISBN978-4761271671
[2015]
17.[] fNIRSによる炭酸水摂取後の脳血流応答および主観的評価と嗜好性の関連性.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),273-276]丸山弘明・荒木茂樹・小島英敏・渕本潤・中村剛・坂井信之
18.[] においを強くする食品摂取後における便臭の物質濃度(%)に関する研究.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),483-484]溝畑秀隆・坂井信之・山中裕佳子・待田裕美
19.[] ラットにおける混合臭の処理様式の行動学的検討.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),461-464]大沼卓也・坂井信之
20.[] fMRIによるビールの香りに対する脳内活動部位の検討.[日本味と匂学会誌,22(3),(2015),453-456]荒木茂樹・小島英敏・渕本潤・中村剛・硲哲崇・坂井信之
Page: [1] [2] [3] [4] [5] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University