著書論文等- 中本 武志 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:36件
[2018]
1.[] Discourse particles in Chinese–Japanese code switching: Constrained by the Matrix Language Frame?.[International Journal of Bilingualism,22(1),(2018),100-122]Hai-rong Meng
10.1177/1367006916658712
[2013]
2.[] 三つの与格.[フランス語をとらえる ―フランス語学の諸問題IV,(2013),125-137]中本武志
[2010]
3.[] Word Order Incongruence in Japanese-Chinese Code Switching: Evidence from the Use of Negation and Copula by a Bilingual Infant.[Japan Journal of Multilingualism and Multiculturalism,16(1),(2010),1-15]MENG, Hairon, MIYAMOTO, Tadao, and NAKAMOTO, Takeshi
4.[] Inalienable possession constructions in French.[Lingua,120(1),(2010),74-102]Nakamoto, Takeshi
10.1016/j.lingua.2009.05.003
[2005]
5.[] 不定法動詞と非強勢形代名詞の位置.[『フランス語を探る-フランス語学の諸問題III』 三修社,(2005),242-253]中本武志
[2004]
6.[] 派生と制約階層:フランス語の語末音節外子音.[音韻研究,(7),(2004),33-40]中本武志
7.[] フランス語の与格と譲渡不可能所有.[筑波大学現代言語研究会(編)『次世代の言語研究III』 筑波大学,(2004),45-84]中本 武志
[2003]
8.[] Nasal vowels and liaison in French.[A new century of phonology and phonological theory,Kaitakusha,(2003),194-209]NAKAMOTO Takeshi
9.[] ゲルマン語とロマンス語の助動詞選択.[筑波大学現代言語研究会(編)『次世代の言語研究II』 筑波大学,(2003),41-84]中本 武志
[2002]
10.[] Vowel representation in Government Phonology.[筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書V』,(2002),901-918]NAKAMOTO Takeshi
11.[] ロマンス語の空母音 -フランス語とイタリア語の比較-.[『諸言語の音韻構造と音韻理論に関する総合的研究』日本学術振興会科学研究費補助金基盤研究(A)(1)平成13年度研究成果中間報告書,(2002),77-91]中本 武志
12.[] たべる.[筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書 別冊 基本動詞の多言語比較研究 ~日中韓英独仏語の分析~』,(2002),27-45]中本 武志,大矢 俊明
13.[] やる.[筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書 別冊 基本動詞の多言語比較研究 ~日中韓英独仏語の分析~』,(2002),47-72]中本 武志
14.[] ロマンス語における不定詞への接語化.[筑波大学現代言語研究会(編)『次世代の言語研究I』 筑波大学,(2002),113-135]中本 武志
15.[] ロマンス語使役構文における不定法動詞の位置.[『事象と言語形式』 三修社,(2002),227-255]中本 武志
[2001]
16.[] フランス語代名動詞の受動的用法.[筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書IV』,(2001),607-625]中本 武志
[2000]
17.[] Word Order in Romance Causatives.[上智大学言語学会会報,(15),(2000),153-165]NAKAMOTO Takeshi
18.[] To BE, or not to BE; is that a syntactic question? -蘭・独・仏・伊における助動詞選択の比較研究-.[筑波大学『東西言語文化の類型論特別プロジェクト研究成果報告書III』,(2000),789-818]中本 武志,大矢 俊明
19.[] 統率音韻論における子音配列 -フランス語の頭子音-.[筑波大学 現代語・現代文化学系紀要『言語文化論集』,(52),(2000),21-34]中本武志
[1999]
20.[] フランス語の再音節化 -アンシェヌマンとエリズィヨン-.[『レキシコンに関する総合的研究』平成7~10年度文部省科学研究費補助金・基盤研究(B)(2)(課題番号:07401015,研究代表者:原口庄輔)研究成果報告書,(1999),151-167]中本 武志
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University