研究紹介- 大河 雄一 -



現在,コンピュータを使う際には通常,マウスやキーボードといったデバイスを使って行う。しかし,こういった機械は決して使いやすいものではなく,初心者にとってはそれが習得の障壁になる。そこで,我々は音声に注目した。音声は特に訓練をしなくても特殊な訓練を受けた人のキーボード入力と同程度の速度で発話することが可能であるからである。
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University