著書論文等- 黒田 卓 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
[]:著書 []:論文 []:総説・解説記事
件数:45件
[2017]
1.[] Closing Remarks in the International Symposium in Florence.[Mimesis International How to Learn? Nippon/Japan as Object, Nippon/Japan as Method, (2017), 321-323]Ch. Craig, E. Fongaro and A. Ozaki (eds.)
[2016]
2.[] Muslims' Encounter with Modernity.[Tohoku University Annual Review 2015 of Tohoku University, (2016), 20-21]Takashi Kuroda
[2015]
3.[] ムスリムたちの近代との出会い.[東北大学 東北大学アニュアルレビュー2015, (2015), 18-19]黒田 卓
4.[] ムスリムたちの近代との出会い.[東北大学 まなびの杜,72, (2015), 3-4]黒田 卓
[2012]
5.[] 世界宗教百科事典.[丸善出版,(2012)]黒田 卓、井上順高他多数
ISBN978-4-621-08577-6
6.[] 18世紀後半インド在住イラン家系出自ムスリムの訪欧旅行記.[国際文化研究科論集,(20),(2012),95-113]黒田 卓
[2011]
7.[] イランソヴィエト社会主義共和国(「ギーラーン共和国」)におけるコムニスト政変―その歴史の再構成と歴史認識の変遷―.[岡 洋樹編『歴史の再定義―旧ソ連圏アジア諸国における歴史認識と学術・教育』東北大学東北アジア研究センター,(2011),133-168]黒田 卓
[2010]
8.[] 朝倉世界地理講座第6巻西アジア.[朝倉書店,(2010)]黒田 卓,後藤 明,木村喜博,安田喜憲,他25名
ISBN978-4-254-16796-2
[2008]
9.[] 伝統/近代の二項対立に抗うイラン近現代史の挑戦的な読み直し(ダバシ『イラン、背反する民の歴史』書評).[(株)図書新聞 図書新聞,(2875), (2008)]黒田 卓
10.[] ヘイダル・ハーンの事績再考.[上智アジア学,(25),(2008),192-215]黒田 卓
[2007]
11.[] 変容のなかのイスラーム主義.[インターカルチュラル,(5),(2007),56-61]黒田 卓
[2006]
12.[] イラン人下級官僚が見たジャンギャリー=ボリシェヴィキ同盟.[平成14年度~平成17年度科研費補助金基盤研究A研究成果報告書,(2006),189-203]黒田 卓
13.[] イラン立憲革命百周年記念国際学会報告.[イスラム世界,66,(2006),48-54]黒田 卓
[2003]
14.[] 中央ユーラシアにおける民族文化と歴史像.[東北大学東北アジア研究センター,(2003)]黒田 卓,高倉浩樹,塩谷昌史
15.[] ジャンギャリー運動末期におけるイラン・ソ連関係の一断面 -関連ロシア語文書の紹介ー.[中央ユーラシアにおける民族文化と歴史像、東北大学東北アジア研究センター,(2003),95-110]黒田 卓
[2002]
16.[] Negahi bar Ravabet-e Khareji-ye Iran va Shuravi dar Ertebat ba Nehzat-e Jangal.[Bulletin of Centre for Graduate International Studies, Faculty of Law and Political Science, University of Tehran,3(1),(2002),51-52]黒田 卓
17.[] 岩波イスラーム辞典.[岩波書店,(2002)]黒田 卓、大塚和夫、小杉 泰、小松久男、東長 靖、山内昌之、他多数
[2000]
18.[] 世界民族事典.[弘文堂,(2000)]黒田 卓、織部恒雄、他多数
19.[] アジアの歴史と文化第9巻西アジア.[同朋舎,(2000)]黒田 卓,間野英二他15名
[1999]
20.[] 新聞のなかのイラン立憲革命.[岩波講座世界歴史(岩波書店),23,(1999),83-109]黒田 卓
Page: [1] [2] [3] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University