研究紹介- 鹿又 喜隆 -


道具の機能の変化

旧石器時代や縄文時代は、利器として石の道具(石器)が使われていました。その石器の表面に残るキズから、その機能を推定する分析が石器の使用痕分析です。この方法を考古学資料に応用して、当時の人々の生業活動に迫る研究を行っています。旧石器時代から縄文時代は、非常に長い時間であり、環境の変動も激しい時代でした。そのような環境変動との関わりの中で、人類の生業活動を理解することは、過去の歴史を明らかにするためだけでなく、人類の未来を考える上でも意義深いことです。
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University