研究紹介- 美濃川 拓哉 -


発生様式多様性のゲノム/発生生物学的研究

動物の体作りの仕組みは非常に精巧にできています。この体作りの仕組みは、長い進化の過程でいろいろな変更を受けて、今のような精巧な仕組みに到達しました。その「変更」がいかにして起こったか、個体発生過程を比較研究することで明らかにしようとしています。
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University