研究紹介- 伊野 浩介 -


電気化学デバイスを用いた細胞工学へのアプローチ

電気の力を用いて、細胞を動かす事や細胞機能を測定する事ができる。そこで本研究では、微小な電極を埋め込んだデバイスを作製して、細胞の分離や検出、また組織構築といった細胞工学へのアプローチを行う。
URLhttp://www.che.tohoku.ac.jp/~bioinfo/
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University