研究紹介- 佐々木 理 -


実用的なデジタル標本システムの開発/構築

化石には生物の長い歴史が記録されている。この膨大な記録から生物多様性の変動史を再構築するためには、膨大な標本を記録し、比較可能とする新しい標本システムが必要である。最近のインターネットを含む情報技術の進歩は、情報共有に一種の革命を起こしている。そこで,
私はコンピュータ・グラフィックスとインターネットを組み合わせた新しい標本システムの開発・構築を行っている。
URLhttp://webdb2.museum.tohoku.ac.jp/e-foram/
写真
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University