論文- 副島 健作 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:29件
[2018]
1.人為的事態の結果の「好まれる言い回し」―日本語と韓国語の自動詞表現と受動表現―.[東北大学 高度教養教育・学生支援機構 紀要,(4),(2018),177-190]副島 健作
2.日本語学習者は「動作主が不特定の人為的事態」をどう捉え,どう表すか.[比較文化研究 久留米大学 比較文化研究所,(53),(2018),62-81]副島 健作
[2017]
3.日本語学習者の「動作主が不特定の人為的事態の表現」使用について.[東北大学 高度教養教育・学生支援機構 紀要,3,(2017),147-157]副島 健作
[2016]
4.若者の地方共通語使用に関する一考察 ―沖縄地域のアスペクトの使用意識調査から―.[東北大学 高度教養教育・学生支援機構 紀要,(2),(2016)]副島 健作
[2015]
5.ロシアとフランスの大学における日本語学習者の動機づけと学習ストラテジー.[2015 CAJLE Annual Conference Proceedings,(2015),320-329]副島健作
6.日本語力と学習ストラテジーおよび動機づけとの関係―中国とロシアの大学における日本語学習者の比較―.[東北大学 高度教養教育・学生支援機構 紀要,(1),(2015),37-47]副島 健作・李郁蕙・武藤彩加
[2014]
7.中国における日本語学習者の日本語力に影響を及ぼす外的学習者要因.[国際文化研究科論集,(22),(2014),19-31]副島 健作, 金城尚美, 武藤彩加
8.On expressions of agent de-topicalized intentional events: A contrastive study between Japanese and Russian.[Journal of Japanese Linguistics (JJL),(30),(2014),115-136]Soejima, Kensaku
[2013]
9.「原因」を表す接置詞の文法化: 日本語とロシア語を対象に.[Studies in Language Sciences ― Journal of the Japanese Society for Language Sciences ―,12,(2013),95-111]副島 健作
10.日本語学習者における「テクスチャー(食感)表現」の使用.[東北大学高等教育開発推進センター紀要,(8),(2013),27-38]副島 健作,武藤 彩加
[2012]
11.他地域出身者の「気がつきにくい方言」使用にかんする一考察―沖縄地域の「〜わけ」の使用意識調査から―.[Southern Review,(27),(2012),111-122]副島 健作
[2011]
12.他地域出身者における「来る」の地方共通語的用法の使用—ウチナーヤマトゥグチを事例として—.[言語文化学会論集,(37),(2011),55-68]副島 健作
[2010]
13.共感覚的比喩の『視覚』表現—ロシア語とフランス語を中心に—.[KLS 30: Proceedings of the 34th Meeting of Kansai Linguistic Society,(2010),203-214]武藤 彩加,副島 健作,山元 淑乃
[2009]
14.シテアル再考―他動性の観点から―.[留学生教育,(6),(2009),7-23]副島 健作
15.留学生の地域語にたいする意識―沖縄を事例として―.[欧米文化論集,(53),(2009),53-71]副島 健作
[2007]
16.副詞節の階層性について.[言語文化研究紀要,(16),(2007),53-70]副島 健作
[2006]
17.シテとシツツをめぐって―アスペクト論の観点から―.[留学生教育,(3),(2006),7-23]副島 健作
18.気づきによる多文化理解教育の分析.[Southern Review,(21),(2006),29-40]金城 尚美,金城 克哉,副島 健作
[2005]
19.複合接続詞の分類と副詞節の性格.[言語文化研究紀要,(14),(2005),87-109]副島 健作
20.外国人留学生との相互交流活動による中学生の気づきと意識の変容.[言語文化研究紀要,(14),(2005),111-131]金城 尚美,金城 克哉,副島 健作
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University