総説・解説記事- 永井 康介 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:15件
[2018]
1.陽電子消滅同時計数ドップラー広がりによる元素分析法.[陽電子科学,6, (2018), 21-28]井上耕治、永井康介
[2016]
2.陽電子消滅同時計数ドップラー広がりによる元素分析法.[陽電子科学,6, (2016), 21-28]井上耕治、永井康介
[2015]
3.陽電子を用いた原子炉材料劣化機構の解明.[放射線と産業,139, (2015), 4-8]外山健、永井康介
[2014]
4.構造材料の劣化機構解明へ向けた3次元アトムプローブの応用.[機能材料,34(6), (2014), 3-10]外山健、井上耕治、永井康介
[2013]
5.3次元アトムプローブによる原子レベルの不純物元素分布解析-原子炉材料から半導体デバイスまで-.[エネルギーと動力2013年春季号,280, (2013), 96-99]永井康介
6.3次元アトムプローブによる半導体ナノ構造の元素分布解析.[日本真空学会機関誌 真空,56(9), (2013), 340-347]清水康雄、井上耕治、高見澤悠、矢野史子、永井康介
7.陽電子消滅および3次元アトムプローブによる原子炉圧力容器鋼の照射脆化機構に関する研究-フィンランド・ロビーザ炉監視試験片を例として-.[陽電子科学,1, (2013), 41-46]外山健, 蔵本明, M. Valo, 野沢康子, 清水康雄, 井上耕治, 長谷川雅幸, 永井康介
[2010]
8.3次元アトムプローブ:その原理と応用-MOSFET不純物分布解析を例に-.[応用物理学会結晶工学分科会第15回結晶工学セミナーテキスト, (2010), 9-15]永井康介、高見澤悠、外山健、清水康雄、井上耕治、矢野史子、角村貴昭、西田彰男、最上徹
[2007]
9.最新のナノ組織解析技術による脆化機構の解明 -陽電子消滅法と3次元アトムプローブによる監視試験片の解析-.[金属,77(12), (2007), 1333-1338]永井康介、外山健、長谷川雅幸
[2006]
10.ナノ・サブナノCu析出物の寸法評価法の開発 -陽電子量子ドット運動量スメアリング法-.[材料とプロセス,19, (2006), 584-]永井康介 ,外山健,唐政,長谷川雅幸,大久保忠勝
[2005]
11.自己探索プローブである陽電子による物質内部のナノ領域分析(解説).[日本物理学会誌,60(11), (2005), 842-849]永井康介、長谷川雅幸
12.陽電子をプローブとしたナノ・サブナノスケールの局所分析(解説).[まてりあ(日本金属学会報),44(8), (2005), 667-673]永井康介、長谷川雅幸
[2003]
13.原子力材料とナノ銅クラスター.[新材料シリーズ「ナノメタルの最新技術と応用開発」、井上明久編集, (2003), 76-78]永井康介、長谷川雅幸
14.Ultrafine Cu Precipitates in RPV Model Alloys Studied by Positron Annihilation and 3D Atom Probe.[Proc. of 11th Int. Conf. On “Environmental Degradation of Materials in Nuclear Power Systems – Water Reactors”, (August 10-14, 2003, Stevenson, Washington, USA), (ANS, La Grange Park, Illinois, USA, 2003) (CD-ROM), (2003), 103-109]Y. Nagai, T. Toyama, Z. Tang, H. Ohkubo, K. Inoue and M. Hasegawa
[2001]
15.陽電子消減法によるFe-Cuモデル合金中の微小Cu析出物の解析.[金属,71(8), (2001), 742-748]永井康介、長谷川雅幸
Page: [1]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University