総説・解説記事- 前田 匡樹 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:27件
[2017]
1.機械式定着工法.[公益社団法人日本コンクリート工学会 コンクリート工学,55(9), (2017), 777-782]迫田丈志,石川裕次,田才晃,前田匡樹
[2016]
2.熊本地震の被害から建築物の耐震設計を考える.[コンクリート工学会 コンクリート工学,(9月), (2016), 巻頭-]前田匡樹
3.2011年東日本大震災による建築物の被害、復旧、復興と今後の課題.[日本建築構造技術者協会 JSCA東北支部30周年記念誌, (2016), 21-22]前田匡樹
[2015]
4.震災建築物の被災度区分判定-鉄筋および鉄骨鉄筋コンクリート造-.[日本建築防災協会 建築防災,(455), (2015), 6-14]前田匡樹
5.構造/耐震診断.[建築技術 規基準の数値は「何でなの」を探る,第3, (2015)]前田匡樹
6.阪神・淡路大震災と鉄筋コンクリート造建築物の耐震診断・耐震改修の歩み.[日本建築防災協会 建築防災,(445), (2015), 22-26]前田匡樹
7.特集:規基準の数値は「何でなの」を探るPart6.[建築技術 建築技術2015年2月号,(781), (2015)]前田匡樹
[2014]
8.長期地震動に対する鉄筋コンクリート造建築物の安全性検証方法に関する検討.[日本建築センター ビルディングレター,(585), (2014), 2-22]勝俣英雄,杉本訓祥,中村充,石川裕次,中村尚弘,山野辺宏治,鈴木芳隆,倉本洋,前田匡樹,田才晃,河野進,坂下政信,他
[2013]
9.「建築分野におけるせん断耐力算定式の発展―実験式からトラス・アーチ理論式へ―.[日本コンクリート工学会 コンクリート工学,51(9), (2013), 473-749]前田匡樹
10.2011年東北地方太平洋沖地震によるRC造建物の被害.[日本建築防災協会 建築防災,(425), (2013), 32-38]前田匡樹
[2011]
11.「東日本大震災による工学研究科建物の被害状況と応急危険度判定」.[青葉工業会 青葉工業会報,(55), (2011), 3-7]前田匡樹
12.「2011年東北地方太平洋沖地震の体験談」.[日本建築防災協会 建築防災,(407), (2011), 38-41]前田匡樹
13.「東日本大震災によるコンクリート系建築構造物の被害」.[日本コンクリート工学会 コンクリート工学,(49), (2011), 巻頭-]前田匡樹
[2010]
14.「岩手・宮城内陸地震について」.[大阪建築物震災対策推進協議会 安震だより,(18), (2010), 1-4]前田匡樹
[2009]
15.「住宅の耐震性 耐震診断はなぜ必要か? どのように耐震補強するのか?」.[日本建築学会 日本建築学会すまいづくり市民セミナー@仙台, (2009), 17-25]前田匡樹
[2008]
16.「2008年5月12日中国四川大地震による建築物の被害と復旧技術支援活動」.[日本建築防災協会 建築防災,(371), (2008), 6-27]中埜良昭,前田匡樹,迫田丈志,坂下雅信
17.「2008年6月14日岩手・宮城内陸地震による建築物の被害調査報告」.[日本建築防災協会 建築防災,(368), (2008), 35-46]前田匡樹,中埜良昭
18.「平成20年6月14日岩手・宮城内陸地震による文教施設の被害調査報告」.[震災予防協会 震災予防2008,(222), (2008), 1-7]前田匡樹,中埜良昭
19.「2008年5月12日中国四川大地震復旧技術支援連合連絡会議第2次復旧技術支援建築チームの訪中報告」.[震災予防協会 震災予防2008,(222), (2008), 8-14]中埜良昭,前田匡樹,迫田丈志,坂下雅信
20.「2008年6月14日岩手宮城内陸地震による建築物の被害調査報告」.[日本建築学会 2008年度日本建築学会大会(中国)、災害部門報告会資料「2008年中国視線地震 2008年岩手・宮城内陸地震被害調査報告」, (2008), 51-61]前田匡樹
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University