論文- 宮本 慎太郎 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:65件
[2017]
1.化学的作用に伴うセメント硬化体中の鉱物の変質と物質移動特性.[土木学会論文集E2,73(3),(2017),271-290]宮本 慎太郎, 細川 佳史, 皆川 浩, 井坂 恵実, 山口 潤, 久我 龍一郎, 久田 真
10.2208/jscejmcs.73.271
2.日本各地に10年間曝露したコンクリートの中性化によるポルトランダイト量の変化と水セメント比の関係.[セメント・コンクリート論文集,70(1),(2017),435-442]倉田和英,宮本慎太郎,皆川浩,久田真
10.14250/cement.70.435
[2016]
3.高炉スラグ細骨材がモルタルの電気抵抗率と塩化物イオン実効拡散係数に及ぼす影響.[コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集,16(1),(2016),81-86]藤田 亮,皆川 浩,宮本 慎太郎,久田 真,細谷 多慶
4.凍結防止剤の浸透,輪荷重の載荷及び凍結融解の複合作用がコンクリートのスケーリングに及ぼす影響.[コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集,16(1),(2016),387-392]高山 千晶,早坂 洋平,宮本 慎太郎,皆川 浩,久田 真
5.硫酸濃度の異なる溶液がセメント硬化体に作用したときの二次鉱物の生成に及ぼす影響.[土木学会第70回年次学術講演会講演概要集,(2016),295-296]國嶋 康平,宮本 慎太郎,皆川 浩,久田 真,倉田 和英,細川 佳史
6.通電後の塩化物イオン浸透深さを用いたコンクリートの遮塩性能の評価.[土木学会論文集E2,72(3),(2016),304-322]中村 英佑, 皆川 浩, 宮本 慎太郎, 久田 真, 古賀 裕久, 渡辺 博志
10.2208/jscejmcs.72.304
7.材齢1年までのセメントクリンカー骨材を用いたモルタルの基礎物性.[コンクリート工学年次論文集,38(1),(2016),81-86]稲田 晴香,宮本 慎太郎,皆川 浩,久田 真
8.塩水に浸せきしたコンクリートの電気抵抗率から推計した塩化物イオン拡散係数に関する一考察.[コンクリート工学年次論文集,38(1),(2016),831-836]杉本 記哉,皆川 浩,宮本 慎太郎,久田 真
9.FUNDAMENTAL PROPERTY OF HARDENED CEMENT PASTE AND MORTARHEATED UP TO 1500 DEGREE CELSIUS.[International Symposium on Concrete and Structures for Next Generation: Ikeda & Otsuki Symposium (IOS2016),(2016)]Shintaro Miyamoto, Yuta Seki, Hiroshi Minagawa and Makoto Hisada
10.細骨材として使用したセメントクリンカーがモルタルの物性に及ぼす影響.[セメント・コンクリート論文集,69,(2016),169-175]宮本慎太郎,稲田晴香,皆川浩,久田真
10.14250/cement.69.169
[2015]
11.セメント硬化体の力学的な変化に及ぼす塩化物イオン濃度と環境温度の影響.[コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集,15,(2015),259-264]早坂洋平,宮本慎太郎,皆川浩,久田真
12.セメントクリンカー骨材を用いたモルタルの塩化物イオン浸透抵抗性.[土木学会年次学術講演会講演概要集,70,(2015),953-954]稲田晴香, 宮本慎太郎, 皆川浩, 久田真
13.がれき残渣を骨材として用いたモルタルの安定性.[土木学会年次学術講演会講演概要集,70,(2015),465-466]山口潤, 皆川浩, 宮本慎太郎, 久田真, 竹田宣典
14.異なる環境に10 年間曝露したコンクリートの中性化の進行と気象条件との関係.[土木学会年次学術講演会講演概要集,70,(2015),801-802]倉田和英, 宮本慎太郎, 皆川浩, 久田真
15.1年間屋外曝露した養生条件が異なるコンクリートの諸物性の変化.[コンクリート工学年次論文集,37(1),(2015),697-702]幸田 圭司,宮本 慎太郎,皆川 浩,久田 真
16.Water Content Gradient Dependency of Apparent Electric Resistivity of Concrete Measured by a Non-destructive Method.[International Conference on the Regeneration and Conservation of Concrete Structures,(2015)]Hiroshi Minagawa,Shintaro Miyamoto,Makoto Hisada
17.Analytically Discussion on Dominant Factor of Deterioration of Concrete Attacked by Sulfuric Acid.[International Conference on the Regeneration and Conservation of Concrete Structures,(2015)]Shintaro Miyamoto,Yoshifumi Hosokawa,Hiroshi Minagawa,Makoto Hisada
18.がれき残渣を用いたモルタルの水セメント比の違いが圧縮強度に及ぼす影響.[平成26年度土木学会東北支部技術研究発表会,(2015)]山口 潤,皆川 浩,宮本 慎太郎,久田 真,竹田 宣典
19.クリンカー骨材がモルタルの基礎物性に及ぼす影響.[平成26年度土木学会東北支部技術研究発表会,(2015)]稲田 晴香,宮本 慎太郎,皆川 浩,久田 真
20.異なる環境に10年間曝露したコンクリートの環境作用の影響に関する検討.[平成26年度土木学会東北支部技術研究発表会,(2015)]倉田 和英,宮本 慎太郎,皆川 浩,久田 真
Page: [1] [2] [3] [4] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University