研究紹介- 福田 光則 -


細胞内における膜輸送の分子メカニズムの解明

私達多細胞生物体の基本単位である細胞は、さらに様々な膜で包まれたオルガネラ(細胞内小器官)により構成されています。これらのオルガネラは独自の機能を持ちますが決して独立した存在ではなく、「膜輸送」を介して頻繁に情報交換を行っています。適切な膜交通が損なわれるとヒトは様々な病気を発症することから、膜輸送の分子メカニズムの解明は生物学・医科学における重要な研究課題の一つです。膜輸送を円滑に行うためには「交通整理人」の存在が重要で、私達の研究室ではこの交通整理人役の蛋白質を同定し、その役割を明らかにすることにより、膜輸送の分子メカニズムの解明に取り組んでいます。
 細胞内では様々な膜輸送が行われていますが、私達の研究室では、この中でも特に分泌現象(神経伝達物質放出など)とメラニン色素の輸送に着目し、分子生物学、細胞生物学、生化学、分子イメージングの技術を駆使して、膜輸送の分子メカニズムを解明することにより生命現象を理解することを目指しています。
URLhttp://www.lifesci.tohoku.ac.jp/teacher/neuro/t_fukuda.html
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University