総説・解説記事- 内田 康雄 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:31件
[2012]
21.定量的絶対プロテオミクスに基づくトランスポーター研究の新展開.[細胞工学,31, (2012), 587-588]内田康雄、立川正憲、寺崎哲也
22.LC-MS/MSを用いた血液脳関門トランスポーター研究.[Drug Delivery System,27, (2012), 316-317]内田康雄
[2011]
23.Pharmacoproteomics (PPx)に基づく血液脳関門輸送機能の解明.[遺伝子医学MOOK,19, (2011), 148-154]内田康雄、大槻純男、寺崎哲也
24.Quantitative targeted absolute proteomics-based ADME research as a new path to drug discovery and development: methodology, advantages, strategy, and prospects..[J. Pharm. Sci.,100, (2011), 3547-3559]Ohtsuki S, Uchida Y, Kubo Y, Terasaki T
25.定量的絶対標的プロテオミクスに基づくヒト血液脳関門におけるトランスポーターの発現と生理機能.[脳21,14, (2011), 336-342]立川正憲、内田康雄、大槻純男、寺崎哲也
[2010]
26.大学研究室紹介; 東北大学薬学部 薬物送達学研究室.[宮城県薬剤師会 県薬ニュース,404, (2010), 4-5]内田康雄
27.血液脳関門輸送システムの分子機序と中枢疾患.[分子脳血管病,9, (2010), 257-264]大槻純男、内田康雄、寺崎哲也
[2008]
28.脳関門のABCトランスポーターの薬物療法における役割.[Clinical Neuroscience,26, (2008), 1107-1110]内田康雄、大槻純男、寺崎哲也
[2007]
29.LC-MS/MSを用いたトランスポータータンパク質同時定量法の信頼性及び精度評価.[薬剤学 = Journal of Pharmaceutical Science and Technology, Japan,67, (2007)]上家潤一, 勝倉由樹, 関根ゆみ, 大峰健, 岩瀬怜, 内田康雄, 大槻純男, 寺崎哲也
30.尿毒症物質の血液脳関門と腎輸送.[腎と透析,62, (2007), 327-333]内田康雄、上家潤一、大槻純男、小田切優樹、寺崎哲也
[2006]
31.LC-MSMS-Cocktail法を用いたhuman MRP4基質のhigh throughput screening法の開発.[日本薬学会年会要旨集,126年会(2), (2006), 115]内田 康雄, 上家 潤一, 大槻 純男, 矢上 礼宣, 藪内 光, 大倉 直人, 登美 斉俊, 細谷 健一, 寺崎 哲也
Page: [prev] [1] [2]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University