総説・解説記事- 内田 康雄 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:23件
[2019]
1.Uniprotデータベース.[ファルマシア,55(4), (2019), 335]内田康雄
2.次世代型定量プロテオミクスに基づく中枢関門の新規密着結合 分子の同定および多発性硬化症の中枢関門破綻への関与.[ファルマシア,55(4), (2019), 320-324]内田康雄
3.輸送分子夾雑系の再構築に基づくヒト血液脳関門の薬物輸送システムの解明.[CMCB NEWS LETTER,in press, (2019)]内田康雄
4.中枢疾患時の血液脳関門P糖タンパク質の機能変動機構の解明と中枢関門創薬への新展開.[医学のあゆみ,in press, (2019)]内田康雄、臼井拓也、寺崎哲也
[2018]
5.SWATH-MS法って何?優れた定量精度・感度・網羅性を兼ね備えた次世代型定量プロテオミクス.[薬剤学「最近のトピックス」,78(5), (2018), 228-234]内田康雄
[2015]
6.質量分析法に基づくバイオマーカー研究へのアプローチ.[遺伝子医学MOOK,in press, (2015)]米山敏広、内田康雄、立川正憲、大槻純男、寺崎哲也
[2014]
7.Quantitative targeted proteomics for understanding the blood-brain barrier: towards pharmacoproteomics..[Expert Rev Proteomics,11(3), (2014), 303-313]Ohtsuki S, Hirayama M, Ito S, Uchida Y, Tachikawa M, Terasaki T
8.9年間の薬物動態予測研究と、その先の薬効・副作用予測を目指して海外留学.[DMPK News Letter,29(3), (2014), 14-15]内田康雄
[2013]
9.動的インターフェースとしての脳関門輸送システムと脳関門生理学・創薬研究.[Brain Nerve,65(2), (2013), 121-136]立川正憲、内田康雄、寺崎哲也
10.血液脳関門におけ る定量的標的絶対プロテオミクス解析.[血管医学,14(4), (2013), 399-409]内田康雄、佐藤和貴、黒田広樹、星裕太郎、立川正憲、寺崎哲也
11.定量的標的プロテオミクス(QTAP)に基づく血液脳関門機能のin vitro再構築.[細胞工学,32, (2013), 955-961]内田康雄、立川正憲、寺崎哲也
12.血液脳関門トランスポートソームの定量的絶対発現プロファイル:動物種間、系統間、野生型-遺伝子欠損マウス間の相違性と類似性.[脳21,16(3), (2013), 46-52]内田康雄、立川正憲、星裕太朗、寺崎哲也
13.定量的標的絶対プロテオミクスに基づくDDS研究の新展開.[Drug Delivery Systemの進歩,22, (2013), 7-12]寺崎哲也、内田康雄、大槻純男、立川正憲
14.標的絶対定量プロテオミクスが拓くヒト血液脳関門輸送研究.[Drug Delivery System,28, (2013), 270-278]立川正憲、内田康雄、寺崎哲也
[2012]
15.定量的絶対プロテオミクスに基づくトランスポーター研究の新展開.[細胞工学,31, (2012), 587-588]内田康雄、立川正憲、寺崎哲也
16.LC-MS/MSを用いた血液脳関門トランスポーター研究.[Drug Delivery System,27, (2012), 316-317]内田康雄
[2011]
17.Pharmacoproteomics (PPx)に基づく血液脳関門輸送機能の解明.[遺伝子医学MOOK,19, (2011), 148-154]内田康雄、大槻純男、寺崎哲也
18.Quantitative targeted absolute proteomics-based ADME research as a new path to drug discovery and development: methodology, advantages, strategy, and prospects..[J. Pharm. Sci.,100, (2011), 3547-3559]Ohtsuki S, Uchida Y, Kubo Y, Terasaki T
19.定量的絶対標的プロテオミクスに基づくヒト血液脳関門におけるトランスポーターの発現と生理機能.[脳21,14, (2011), 336-342]立川正憲、内田康雄、大槻純男、寺崎哲也
[2010]
20.大学研究室紹介; 東北大学薬学部 薬物送達学研究室.[宮城県薬剤師会 県薬ニュース,404, (2010), 4-5]内田康雄
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University