研究紹介- 石田 章純 -


微小領域分析法を用いた先カンブリア代微生物活動及び海洋環境の地球化学的研究

生命が誕生したとされる40億年前から,大型化多様化した記録の残る5億4千万年前までの時代を先カンブリア代と呼びます.地球上にいつ大陸が誕生したのか.いつ酸素が発生したのか.雪玉地球とは何か.オゾン層ができ現代のような地球環境になったのはなぜか.生命は激変する地球環境に対して生命はどう進化してきたのか.
生命の誕生と進化には地球環境の変動が深く関わっています.岩石や鉱物に残されたわずかな痕跡を,二次イオン質量分析計や電子顕微鏡など微小領域分析法を用いて解読し,生命の謎に迫ります.
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University