研究紹介- 小原 隆博 -


1. 衛星観測を中心としたオーロラの研究(ISASにて実施)

EXOS-C,EXOS-D,GEOTAIL 衛星プロジェクトに参加して、プラズマ計測器、波動計測器、電磁場計測器のデータを分析し、高緯度のプラズマ環境、高緯度オーロラに関して新しい事実を見いだし、激しく変動する外圏プラズマ環境の姿を明らかにした。


2. 放射線帯変動の研究 (CRL/NICTにて実施)

近年急増している宇宙機の故障は、ほとんどの場合、宇宙放射線環境の悪化が原因になっている。外圏が嵐の状態になり、そのエネルギーを取り込んで、バンアレン帯が活性化する新事実が明らかになったことで、放射線環境の変動予測の見通しが立った。


3. 宇宙天気予報の基礎研究(CRL/NICTにて実施)

宇宙空間物理学を応用して、宇宙環境の変動を数値的に予測する研究を、責任者として進めて来た。太陽面から地球の超高層大気の領域にわたり、リアルタイムモデルを用いた数値予報研究を進めてきた。


4. JAXA衛星とISSによる宇宙環境の観測(JAXAにて実施)

JAXAが行う宇宙環境観測プロジェクトについて、実施責任者として参加して、確実に進めてきた。現在飛翔している、5機の衛星とISS(国際宇宙ステーション)からの宇宙環境データを用いて、宇宙環境の監視と警報の発令など、JAXAプロジェクトに支援して来た。


5. 衛星および地上望遠鏡による太陽惑星環境の観測(東北大にて実施中)

東北大 惑星プラズマ・大気研究センターが行う太陽惑星環境の観測プロジェクトについて、実施責任者として参加して、太陽表面におけるエネルギー解放現象と、それらが、地球や惑星環境に与える影響について研究を進めている。また、JAXAプロジェクトにも引き続き参加し、これらのデータを太陽惑星環境システムの総合的理解に活用している。
   
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University