総説・解説記事- 松原 秀彰 -
表示方法: 表示形式: 表示順:
件数:36件
[2018]
1.粉末焼結の基礎.[新粉末冶金入門講座テキスト(粉体粉末冶金協会), (2018), 11-22]松原 秀彰
[1999]
2.自己診断材料の設計と適用.[日本機械学会誌,102, (1999), 68-71]柳田博明,松原秀彰
3.賢材の研究-自己診断機能をもつセラミックス、複合材料の開発.[マテリアルインテグレーション,12, (1999), 63-66]松原秀彰,辛純基,柳田博明
4.セラミックス組織形成のコンピューター・シミュレーション-焼結・粒成長MC法計算、粒界MD法計算.[日本セラミックス協会 セラミックスサイエンス基礎セミナー実戦的セラミックス実験法,7, (1999), 9-16]松原 秀彰
5.コンクリートひび割れ検知用自己診断インテリジェント材料の開発.[検査技術(日本工業出版),4(11), (1999), 10-14]辛純基、松原秀彰、柳田博明
[1998]
6.焼結・粒成長のコンピューター・シミュレーション研究.[東京理科大学出版会 SUT Bulletin,12, (1998), 12-20]松原 秀彰
7.組織形成設計.[第2回シナジーセラミックスシンポジウム予稿集, (1998), 41-46]松原 秀彰
8.求められているセラミックスとは?.[BOUNDARY,14(3), (1998), 18-24]松原 秀彰
9.構造用材料への賢材の適用.[日本開発工学会,17(1), (1998), 34-38]松原 秀彰
10.自己診断材料(賢材)によるコンクリートひび割れ検知.[セラミックデータブック,26, (1998), 134-136]松原秀彰,辛純基,柳田博明
[1997]
11.焼結・粒成長のシミュレーションとセラミックス組織設計.[日本学術振興会第124委員会(高温セラミックス材料)第88回会議資料, (1997), 2007-2012]松原 秀彰
12.材料組織、機能の複合化設計-セラミックス系材料への適用.[日本金属学会シンポジウム「複合材料の新展開」, (1997), 33-36]松原 秀彰
13.コンピュータによるセラミックスの焼結シミュレーション.[第120回X線材料強度部門委員会研究討論会, (1997), 14-25]松原 秀彰
14.シナジーセラミックス-コンピューター・シミュレーションによるセラミックス組織形成設計.[セラミックデータブック,25(79), (1997), 69-73]松原 秀彰
[1996]
15.計算材料設計の現状と今後ーセラミックス系材料への適用.[Fine Ceramics Report,15(2), (1996), 36-40]松原 秀彰
16.セラミックス系構造用材料の開発動向と材料設計.[ANERI,11(4), (1996), 12-29]松原 秀彰
17.セラミックス系材料における破壊・損傷の自己診断.[化学と工業,49(1), (1996), 40-42]松原 秀彰
18.導電相を利用したFRPの破壊検知.[[合成樹脂,42(3), (1996), 8-]松原秀彰,高田真之,柳田博明
19.The Role of Synergy and the Designs of Ceramic Microstructures.[Bulletin of the Ceramic Society of Japan,31(2), (1996), 135-141]R. J. Brook and H. Matsubara
[1995]
20.セラミックス系材料の開発動向ーシナジーセラミックスの開発ー.[[材料技術,13(10), (1995), 6-9]松原 秀彰
Page: [1] [2] [next]
戻るこのページのトップへ
copyright(c)2005 Tohoku University